世界の混乱 (ちくま学芸文庫)

制作 : Amin Maalouf  小野 正嗣 
  • 筑摩書房
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480099358

作品紹介・あらすじ

二十一世紀は崩壊の徴候とともに始まった。国際関係、経済、環境の危機に対して、絶望するのではなく、緊急性をもって臨むことを説いた警世の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小野正嗣の訳が上手いのか、恐ろしいくらい読みやすかったし、面白かった。

    『世界の混乱』とあるが、主としてムスリム達がどのような思いを蓄積してきたか、そしてアメリカを代表する西洋諸国はその思いにどう相対してきたか、更にその他の地域に住む人々は……と、軸をどんどん広げながら話が展開してゆく。

    ガマール・アブドゥル=ナセルがアラブを一体化させ、しかしながら敗北したこと。
    その屈辱、疎外感が更にイスラム教への結びつきの強さとして、それこそが捨てられないアイデンティティとして機能しているということ。

    私は、イスラム教そのものというより、ムスリム達が感じてきた歴史、何をもってテロのような攻撃性を掻き立てるのか、ということにずっと興味を抱いている。

    筆者は、キリスト教のような教会という権威を持つ存在のあるなしが大きいと述べる。
    つまり、急な方向性の変化、変革といった荒技に対する粛正が速やかに行われるか否かがそこに現れるということだ。

    もちろん、宗教だけが理由ではない。

    グローバル化が進む中、次に重要視されるのはローカルだと読んだことがある。
    けれど、筆者は単にローカルなコミュニティを作るだけではダメだと言う。
    どこに住んでいても、自分たちの自尊感情が満たされるような社会を作ることを説くのだが。

    さて、人間はどこまでの範囲で共生出来るんだろう。

    日本の中でも部族の争いがあり、地域の争いがあり、ようやく国というまとまりの中、安静に暮らせるようになったのは、そう遠くないことで。
    さまざまな「違い」が「優劣」をもたらしてきた中で、果たして、同じ目線を持つことが出来るのか。
    出来ないとすれば、次は何を舞台に争い合うのだろうか。

  • 筑摩のツイッターから

全2件中 1 - 2件を表示

アミン・マアルーフの作品

ツイートする