尾崎紅葉 (明治の文学)

著者 :
制作 : 斎藤美奈子  坪内祐三 
  • 筑摩書房
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (470ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480101464

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 紅葉の文体七変化を楽しめる一冊。良いですね! 
    収録されている短編は「風流 京人形」「おぼろ舟」「此ぬし」「心の闇」と、どれも話の展開がドラマチック。基本は恋愛話なんですが、今だとストーカー案件やサイコさんの話になりそうな筋があの時代に既に書かれていたのかと。(解説で書かれてましたが、話の描き方が人形浄瑠璃っぽいってのは納得)
    登場人物の衣装の描写の細かさや(当時の風俗資料みたい)、ネーミングセンス(名は体を表す、ではありませんが、大変分かりやすい「らしい」名前を付けますね)が流石。
    「紅子戯語」で硯友社の方々の言葉遊び、駄洒落の達者さが作品のあちこちに生かされてるんだなー、とか「文盲手引草」でヤクモノで遊んじゃうセンスなど、ホント、書く作品隅から隅まで「エンタメ」に徹した作家さんだなと思いました。

    その他収録作:硯友社の沿革、病骨録、病骨録(門生筆記)、隠形術

  • 恋は阿片の如し〜のくだりが明治人をメロメロにさせていたのだと思うと、リアルタイムで紅葉の作品を手にしていた彼ら彼女らが羨ましい。

全2件中 1 - 2件を表示

尾崎紅葉の作品

尾崎紅葉 (明治の文学)を本棚に登録しているひと

ツイートする