渋澤龍彦   ちくま日本文学全集

著者 :
  • 筑摩書房
3.24
  • (1)
  • (3)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (473ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480102140

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ○「サド侯爵」より
    「すべてをあからさまにいう」という単純なことが、いかに体制にとって恐怖すべきことであったかは、サドの数々の受難の歴史を振り返ってみれば一目瞭然であろう。
    理性を突破する理性は狂気と見なされる。「理性の時代」に有罪宣告を受けた理性の人、――それが文学者としてのサドである。

  • ちくま日本文学全集014

  • 空飛ぶ大納言 / 高丘親王航海記より / 儒艮 / 蘭房 / 狐媚記 / 護法 / 鏡と影について / 玩具のための玩具 / ミューゼアム・オブ・カタクリズム / 胡桃の中の世界 / 海胆とペンタグラムマ / 愛の植物学 / サド侯爵 / 反社会性とは何か / 狂帝ヘリオガバルスあるいはデカダンスの一考察 / アンドロギュヌスについて / 穴ノアル肉体ノコト

全4件中 1 - 4件を表示

渋澤龍彦の作品

ツイートする