大仏次郎 (ちくま日本文学全集)

著者 :
  • 筑摩書房
3.11
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 20
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (477ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480102386

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ちくま日本文学全集038 大佛次郎。

    鞍馬天狗の作者ですか、そうですか。
    でも、鞍馬天狗だって。いまさらなあ。
    古くさいチャンバラ物なんて読みたくないなんて思っていたら、これが断然面白い。
    冒頭から引き込まれ、あっという間に読んでしまいました。

    続く「幻燈」も本格的な物語。
    面白い。

    大佛次郎は文豪の風格がありました。

    大量の作品を残しているようです。
    新しい鉱脈を発見した気分です。

  • 『鞍馬天狗』をはじめ、平易で易しく楽しめる著者の人柄が感じられる1冊。

  • 2014/1/13購入

  • メチャクチャ、エンターテイメントです。
    この人が入っているんなら、なんで、吉川 英治は入っていないんだとか、思ってしまいます。まあ、純文学、大衆小説という分け方自体が、けっこう曖昧なものなのだと思いますが。

    そんなこと考えずに、なんでも面白いものを入れちゃえばいいのに、と、わたしなんかは、乱暴に、そう思ってしまいます。

    特に、「鞍馬天狗」のラストのオチが、かっこよすぎ。

全4件中 1 - 4件を表示

大仏次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×