海音寺潮五郎 (ちくま日本文学全集)

  • 筑摩書房
3.31
  • (0)
  • (4)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (477ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480102485

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ちくま日本文学全集48

    楊令伝後半のパサパサぶりを読んだ後なので、本書の各作品の文学的な充実度にほっとした。

    海音寺潮五郎は、名前からして堅苦しくて古臭い歴史作家と思っていたが、そんなことはなく、面白かった。

    昭和の時代に書かれた本格的な小説という感じ。
    どこか懐かしいところがある。

    新たな作家を発見できた。

  • おもしろくないことはないのだが……古い感じはいなめないなぁ。

    ちょっと、マッチョというか体育会系のノリがあって、そこは、さわやかな感じではあるのですが、そこが、古い感じでもあります。

    基本、男尊女卑。

  • 2007/03/09購入

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1901年、鹿児島県生まれ。國學院大学卒業後、教員生活を経て作家となる。『天正女合戦』で第3回直木賞を受賞。『明治太平記』『蒙古来る』『天と地と』『武将列伝』など著書多数。1977年12月没。

「2017年 『南国回天記 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

海音寺潮五郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×