夢二日記〈1(明治40年~大正4年)〉

著者 :
制作 : 長田幹雄 
  • 筑摩書房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (422ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480131010

作品紹介・あらすじ

竹久夢二の日記、初の集大成。各地の所蔵者の協力によって現存する全日記を原本より収録する。夢二の心情が赤裸々に吐露された日記は読者の胸を打つ。本巻はたまきとの結婚・離別から彦乃との出会いまで。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 当り前だけど、優しさも、過激さも、辛さも、阿呆さも、素朴さも、全て混沌と入り混じったのがひとりの人間なんだ、と思った。
    それは夢二でも自分でも誰でも同じことなのだということを確かめた。

    単純に、昔の人の日記を見るということが面白い。
    苦悩する夢二や、自然思想が強い夢二が発見できた。
    夢二が度々訪れていた銚子が、自分の生まれ育った土地であることを喜ばしく思う。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4480131019
    ── 竹久 夢二《夢二日記(1)198705‥ 筑摩書房》1907-1915‥‥
     

  • 図書館にて
    2/20読了

    続きを読もうか

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1884年 岡山県邑久郡(現、瀬戸内市)生まれ。本名・茂次郎(もじろう)。
16歳で上京、早稲田実業学校在学中の明治38年末にデビュー。以後コマ絵や挿絵を数多く発表、またセンチメンタルな画風の〈夢二式美人画〉を確立。日本の郷愁と西欧のモダ二ズムを自在に表現した作風で、日本画・水彩画・油彩画・木版画等制作を行った。
さらに大正3年(1914)に「港屋絵草紙店」を開店させて生活の芸術化を図り、デザイン分野にも力を注いだ。その他、詩や童謡も数多く創作。多種多様な作品を遺した、大正ロマンを代表するアーティストである。

「2019年 『竹久夢二という生き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹久夢二の作品

夢二日記〈1(明治40年~大正4年)〉を本棚に登録しているひと

ツイートする