シリーズ親鸞〈第1巻〉歴史のなかの親鸞―真実のおしえを問う

著者 :
  • 筑摩書房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480320216

作品紹介・あらすじ

親鸞が明らかにした浄土真宗は、日本仏教史においてどのような意味をもつのか。平安末期から鎌倉時代の宗教状況を踏まえ、法然から親鸞へと受け継がれた「宗教改革」の実像を明かす。また親鸞その人の一生の営みが、大乗の仏道の真実性を証明するものであったことを、実証的歴史学の視点からあきらかにする。

名畑崇の作品

シリーズ親鸞〈第1巻〉歴史のなかの親鸞―真実のおしえを問うを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
ツイートする
×