賃貸宇宙UNIVERSE for RENT〈下〉 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.88
  • (23)
  • (14)
  • (27)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 192
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (457ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480421661

作品紹介・あらすじ

がんばって勉強しろ。がんばって働けと、僕らはずっと教えられてきた。でもそんな「向上心」なんてひとつも持たないままに、実に楽しく居心地よく毎日を過ごしている人たちがどれほど多いことか。「片づけないこと」「狭さをおそれないこと」「部屋を壊すこと」「洋服と住むこと」「部屋をギャラリーにすること」「風呂がなければ作ること」「そしてどこにも住まないこと」など50のテーマ別約300物件。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • TOKYO STYLEの衝撃再び。都築響一の写真集を見るたびに、こういう生活もありなんだという自分の狭い枠を突き付けられる気がする。その感覚が嫌いではない。

  • リアルなお部屋。
    一部は汚部屋とか言われそうだし、廃墟とかあまり普通の人達でない部屋もある。
    正直羨ましさはない。
    ただその人達の強すぎる個性が現れた部屋で、生活感をわざと強調しているように見える。
    興味深いとは思うのだけれど……。

    あとたかが干支一回りくらいで家電製品の変わりように結構驚いた。

  • 2012/9/19購入

  • 他人の部屋って、なんでこんなに魅力的なんだろう。キレイな部屋でもないのに。

  • レトロな賃貸物件の写真集。
    当時の生活感が上手く切り取られている。

    やたら裸体がでてくるのが謎。
    そして、これを文庫化しちゃったのが謎。

  • 人の部屋っておもしろい。。

  • 近々引っ越すので
    インテリア関連の本とか
    収納関連の本とか
    探してみたんだけどやめた

    白々しいおしゃれ空間なんて参考にして作るもんじゃない
    リアルに住むっていうのはこういうもんだと思う



  • 下巻。上下セットで箱入りで買うことをオススメします。写真に付されたコンセプトを覗き見してみましょうか。「陽当たりをさえぎること」「部屋をギャラリーにすること」「風呂がなければ作ること」「決して完成させないこと」「そしてどこにも住まないこと」…

  • 部屋も、そこに住む人の人生も十人十色。

  • 人の部屋って興味深い。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1956年東京生まれ。ポパイ、ブルータス誌の編集を経て、全102巻の現代美術全集『アート・ランダム』(京都書院)を刊行。以来現代美術、建築、写真、デザインなどの分野での執筆・編集活動を続けている。93年『TOKYO STYLE』刊行(京都書院、のちちくま文庫)。96年刊行の『ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行』(アスペクト、のちちくま文庫)で、第23回木村伊兵衛賞を受賞。その他『賃貸宇宙UNIVERSE forRENT』(ちくま文庫)、『現代美術場外乱闘』(洋泉社)『珍世界紀行ヨーロッパ編』『夜露死苦現代詩』『珍日本超老伝』(ちくま文庫)『ROADSIDE USA 珍世界紀行アメリカ編』(アスペクト)『東京スナック飲みある記』(ミリオン出版)など著書多数。

「2018年 『白い孤影 ヨコハマメリー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

都築響一の作品

ツイートする