マイケル・K (ちくま文庫)

制作 : J.M. Coetzee  くぼた のぞみ 
  • 筑摩書房
3.66
  • (11)
  • (16)
  • (28)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 166
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480422514

作品紹介・あらすじ

内戦下の南アフリカ。手押し車に病気の母親を乗せて、騒乱のケープタウンから内陸の農場をめざすマイケル。道々待ち受けるさまざまなかたちの暴力にマイケルは抵抗し、自由を渇望する-。全篇を通じ、人間の本質を問いかける緊迫した語りに圧倒される。2003年にノーベル文学賞を受賞した作家クッツェーが、世界的名声を獲得した記念すべき作品。1983年ブッカー賞受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 移住に必要な許可は、待てど暮らせど公的機関から発行されない。夜間外出禁止令の禁を破り、徒歩で母親の故郷へ旅立つ男に、数々の困難が立ちはだかる。捕らわれの生活の中で露わになる、管理社会の非人間性。逃れ出て山にこもり野に暮らす生活は、男に安息をもたらすが...。
    寓意的な物語という印象を受ける。解説を読んで気づかされたのだが、発表当時、アパルトヘイト政策化にあった南アでは、抑圧側の組織名は当然出せず、思うところは暗に示す形にならざるを得ない事情があったのだ。その背景を知れば、寓意のマントに隠れて、その実、踏み込んだ内容だと思える。
    男の行動は、何かに反抗するためのものではなく、己が真に求めることを突き詰めていくと社会の要求から逸れていく、という性質のものだ。言葉を変え視点を変え、終始一貫してその事が語られていく。読んでいて引き付けられる力があり、時間が許せば再読したい箇所が、いくつかあった。

  • ブッカー賞、訳:くぼたのぞみ、原書名:LIFE&TIMES OF MICHAEL K(Coetzee,J.M.)

  • 1部、Kに寄り添い、
    2部で医師の一人称になるところに衝撃を受けた。
    3部でまたK。

    クッツェー 解説より
    「書くことは単調な辛い仕事で、少しも楽しいことではない……書くのも悪いが、書かずにいるともっと悪い」
    「小説を書いて感じるのはひとつの自由だ。責任を負わない、というより、まだ出現していない何かに対して、道の果てのどこかに存在する何かに対して責任を負う自由だ」

  • p200「ただし、都会の鼠だったために土地か生活の糧を得る術を知らず、ひどい飢餓状態に陥った。そこを幸運にも発見され、また船に引き上げられた。だったら何をそんなに憤慨しなければならない?」

    ノーベル文学賞受賞者の著作ということで。
    獣のような漠然とした力に動かされ、生きて畑を耕し、隠れ、眠る、マイケル・K。戦争や暴力や難民キャンプに巻き込まれた、知恵のない男が、ケープタウンからプリンスアルバートの大地へ。

  • 三部構成。
    ?と?は主人公視点の三人称で淡々と、
    でも畳み掛けるように進む。
    雰囲気は「ガープの世界」と「デイヴィッド・カッパーフィールド」を足して2で割った感じ〜。

    で、だ。「?」よ。
    野垂れ死に寸前の主人公が収容された病院職員が
    彼に惹きつけられていく。あっという間に。
    強引に。ほとんど恋みたいだ。
    ひたむきさが主人公のスタンスと滑稽なくらい対極で、
    この人、これからの人生どうなっちゃうんだろ。
    作者はまったく構ってやる気がなさそうで、
    気の毒〜

    生まれつき障害を持ち、家族とは死に別れ、
    何も待たない最下層の生活をしながら
    (平成ニッポンじゃない、南阿でよ)
    めぐり合う僥倖に目もくれず、
    悪意にも構わずやり過ごし、憑かれたように
    荒野を突き進む。ただここじゃない場所へ。
    この神々しいまでの潔さの眩しいこと。

  • [ 内容 ]
    内戦下の南アフリカ。
    手押し車に病気の母親を乗せて、騒乱のケープタウンから内陸の農場をめざすマイケル。
    道々待ち受けるさまざまなかたちの暴力にマイケルは抵抗し、自由を渇望する―。
    全篇を通じ、人間の本質を問いかける緊迫した語りに圧倒される。
    2003年にノーベル文学賞を受賞した作家クッツェーが、世界的名声を獲得した記念すべき作品。
    1983年ブッカー賞受賞作。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • クッツェーによる移民文学の代表傑作。自由と孤独と虚無の世界に生きるKはこの世界と自分の人生に何の意味も見出さずただそこに生きるともなく生きている。陽炎のようなつかみどころのないKという人間の中に生という営みは結局何なのかという本質的な問題を見る思いがする生々しい作品です。

  • 人間の尊厳。何者にも束縛されない自由への憧れ。なにかに抵抗するとか反抗するとかではない。

  • 最初、この小説のあらすじを見たとき、
    “悲惨な境遇の主人公が過酷な現実と闘いながら人間的に生きる”
    的な趣旨の作品かなと思ったんですよ。

    まぁ、実際、読み終えて、全く違うとは言わないんですけど、
    ことこの本に関しては、そういう小説を読んだ時ににありがちな、
    お決まりの感情は芽生えなかったんですよね。

    なんというか、もっと超越的というんでしょうか。
    主人公の一貫した意思決定をもってして、
    自分の価値観に揺さぶりをかけてくる感じなんですよね。
    主人公は(悲惨な境遇とは言え)常識に反した行動をとっている訳ですが、
    内観の丁寧な描写を読んでいると妙な納得感があり、
    読む前には思ってもみなかった感覚を植え付けられる、そんな感じです。

    その土地の文化的背景を反映していながら、普遍的な内容ですし、
    そういう意味でも、ノーベル文学賞作家らしい、良い作品です。

  • <母の故郷へ…。旅の過程でマイケルの野生が呼び覚まされていく。>

    J・M・クッツェー

    ブッカー賞。

    アパルトヘイト、内戦下で、人間の生きる意味を寓話的に描いた傑作。

    逆にいえば、寓話的にしか描くことができなかった時代ということ。

全20件中 1 - 10件を表示

マイケル・K (ちくま文庫)のその他の作品

Life and Times of Michael K ペーパーバック Life and Times of Michael K J.M.クッツェー
Life and Times of Michael K ハードカバー Life and Times of Michael K J.M.クッツェー

J.M.クッツェーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
谷崎 潤一郎
ポール・オースタ...
三島 由紀夫
ウラジーミル ナ...
ガブリエル ガル...
アゴタ クリスト...
J.L. ボルヘ...
安部 公房
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

マイケル・K (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする