「読み」の整理学 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.53
  • (51)
  • (90)
  • (144)
  • (24)
  • (2)
本棚登録 : 1043
レビュー : 113
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480423801

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読書、あるいは文章を読むということはどういうことか。プルーストとイカ(メアリアン・ウルフ)では読書が脳にどういう影響を与えるのか?について解説があったが、この本は読むことについて注目した本。素読、既知と未知、そして未知を読む方法については、たえず新しいものに挑戦するエンジニアにとっては必見のノウハウだ。

  • もう一度、読書の方法を検討する必要がある。ベータ読みは新しい知的世界の発見につながる可能性を秘めている。聖書は究極の古典かもしれない。

  • 学校で買わされたのですが・・・私はいつになったらベータ読みができるのやら・・・?

  • 大雑把に言えば、既知を読むアルファー読みに終始せず、未知を読むベーター読みへ移行すべき、という内容。
    私は比較的『難しい本』(自分にとって)を読むほうがすきで、でもその難しさに心折れて途中でやめることが多かった。
    その一方で、読者に『分かりやすい本』は読みきることができるものの、何か物足りなさを感じていた。
    この本を読んで、この感覚は結構大切にすべきものなんじゃないかな、と勇気付けられた。
    一度挫折したとしても、多少の時間をかけてでも、何度でも未知と向き合い、ベーター読みをしていきたい。

    ちなみにこの本のレベルは私にとって『普通』くらい。

  • 本書では、「読み」という作業を2種類に分け、既知の事柄に関して読むことを「アルファ読み」、未知の事柄に関して読むことを「ベータ読み」と呼ぶ。最近の人間は、この「未知を読む」力が弱まってきている、と著者は指摘する。文字そのものをなぞるだけで「この文章はわかりやすい」「この文は読みにくい」と判断するのは、本当に「読んでいる」とは言えない。そして、文を書く側の人間も最近の若者たちに「読みやすい」と思われる文章を書こうと「本の商業化」に走る傾向にあることに警鐘を鳴らしている著者の鋭い視点に、大きく肯ける。印象に残ったのは、「幸福な人はなかなか読書の奥義に参入することが難しい」という言葉。これこそ、「読み」の極みだと思う。「葦編三絶」という素敵な言葉にも出逢えたので、得るものが多い1冊だった。ただ、「読書についての書物」というのは、読んで欲しい肝心な人々に読まれないと思っているので、ましてや、本書のような難しい塩梅での主張は受け容れられにくいのではないかと危惧する。

  • 買いました
    これから読む…いつになるか

  • 「わかることだけ読み取る読書じゃダメ」。書いてある内容には納得できるのですが。
    …一方で、やっぱり「人に何かを伝えたいのだったら、もう少し言葉を咀嚼できるギリギリなところまで咀嚼してみてはいかがか」と思いたくなる文章ってありますよね…。これを読む人にそんな勘違いはないとは思うけど、この本を「難しくても読みづらくても、読者は努力して読め」と単純に取られちゃったらイヤだなとは思いました。
    あと、ベータ読み推奨は納得なのですが、戦前みたいな音読推奨になっちゃうところには論理の飛躍を感じました。懐古主義的においを嗅ぎ取ってしまい、ちょっと引いたかな。

  • 既知を読むアルファ読みと未知を読むベータ読み,
    二つの読みの違いとベータ読みをしなくなった現代人への
    注意を様々な具体例を用いて述べていた.

    内容はぼちぼちだったけれども,
    最初の中学生からの手紙についての
    扱いが気になった.

    いちいち,中学生からの手紙が悪者にされているものの,
    著者が正しいのか中学生が正しいのかが
    はっきりしないので,著者に同調できなかった.

    それが最後まで尾を引いて,あまり良い本とは思えなかった.

  • 音読は大切だなぁ、と痛感。

  • ほんと、「わかってることを読む」読書と「わからないことを読む」読書は、まったく違うものだよなぁ。
    まったく意味のわからないものを読むのを勧めてみたりとか、ちょっと不思議に思う点もあったけれども、
    基本的に納得できる点ばかりだったので、★5つ。

    本は複雑にかかれてればいいってもんでもないけど、
    易しければいいってもんでもない。
    なんにも考えないで読めるような本しか読めないでは読書とは言えない。


全113件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

お茶の水女子大学名誉教授

「2019年 『やわらかく、考える。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

外山滋比古の作品

ツイートする