回転ドアは、順番に (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.87
  • (90)
  • (89)
  • (92)
  • (12)
  • (4)
本棚登録 : 912
レビュー : 100
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480423887

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ゆるふわ*きらきらな感じが好きな人にはたまらないでしょう。
    私には合いませんでした。抽象的すぎて、言葉だけ飾ってる感じがしてしまって、何が伝えたいかよく分からず。私は短歌そのものに向いてないのかしら(笑)。

  • 私がもう若くないからだろうか、つまらなかった。

  • 電車の中で読むには危険レベルだと思うほど面白かった穂村さんの『絶叫委員会』、東さんの『とりつくしま』、どちらも好きだったので、この歌人ふたりの本ならばと手に取りました。「仮想恋愛体験型ストーリー 言葉の駆け引きに読書中あなたは自由に恋をする」とあるのですけれども。

    いかに私が凡庸なアタマの持ち主かを思い知らされました。自由に恋をするどころか、お酒を片手に読んだらば、まるで哲学書を読んでいるかのよう(笑)。私が短歌など詠もうものなら、『プレバト!!』の夏井いつき先生にクソミソに言われること間違いなし。ありゃ俳句か。短歌も俳句もごちゃまぜにしている時点で終わっています、私。(^^;

    酔っぱらっていても30分で読めます。しかし恋は酔っぱらいながらチャッチャとするものじゃないのだわ、きっと。しらふのときにじっくり読み返して、私もこの世界にハマりたい。

著者プロフィール

穂村弘(ほむら ひろし)
1962年、北海道生まれの歌人。1990年歌集『シンジケート』でデビュー。その後、短歌のみならず、評論、エッセイ、絵本、翻訳など幅広い分野で活躍中。2008年『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞、『楽しい一日』で第44回短歌研究賞、2017年『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞、2018年『水中翼船炎上中』で第23回若山牧水賞をそれぞれ受賞。歌集に『ドライ ドライ アイス』、『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』、『ラインマーカーズ』。その他代表作に、『本当はちがうんだ日記』『絶叫委員会』『世界音痴』『整形前夜』『蚊がいる』『短歌ください』『野良猫を尊敬した日』など著書多数。

回転ドアは、順番に (ちくま文庫)のその他の作品

回転ドアは、順番に 単行本 回転ドアは、順番に 穂村弘

穂村弘の作品

ツイートする