芥川龍之介 (ちくま日本文学 2)

著者 :
  • 筑摩書房
3.89
  • (32)
  • (37)
  • (40)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 271
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480425027

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 有名どころの短編は網羅。
    現代に通じるものもあるのでは、と思う。

  • 久しぶりの芥川作品、
    どの話の主人公にも、自分の内面の一部が重ね合わせて感じられる。

    やっぱりとても良かったです。
    いい本でした。

  • 本当のことを言うと芥川龍之介の文章は私には難しすぎて何がなんだかよくわかりませんでした。
    ただこの中の杜子春というお話については「あぁ。なるほど。」と思ったりするところがありました。
    いつまでも人間の心を忘れないっていいことだなぁとこの本を読んで思いました。

  • ちくま日本文学シリーズは、セレクトがありふれた代表作だけにとどまらなくて、なんとなくこだわりが感じられる気がして好き。
    芥川は、授業で読んだ「地獄変」のほかには「袈裟と盛遠」くらいしか覚えてなかったけれど、あらためて読んでみて、太宰ファンとしては、「これが太宰のやりたかったことか!」という印象を受けた。まさに短編の名手。
    今回一番沁みたのは「トロッコ」の最後の一節。これは学生時代に読んだって、わからなかった。この一節を味わうための小説だったのだ、と今になって実感できる。30過ぎた方にならわかるのではないかな、私のこの感想も。

    芥川賞って、短編が上手な人にあげたらいいのに。

  • 地獄変、藪の中、羅生門・・・私の好きな芥川作品が多く詰まった一冊。有名どころぞろいなので、初めての一冊にもお勧め。
    地獄変、だんだんと狂気に染まっていく画家の描写が恐ろしくも美しい、と思ってしまう自分が少々まずいなぁ、と思う。(笑)疑心暗鬼が根底にある芥川、好きすぎます。

  • 「薮の中」
    ”この中に一人だけ、真実を言っている者がいます”  
    ”この中に一人だけ、嘘を言っている者がいます”
    さて、
    全員が真実を述べているのか、全員が嘘を述べているのか。百聞は一見にしかず。されど、事件は薮の中。

  • いいですね。芥川、大好きです。

  • これ一冊で芥川の名作と言われるものをたくさん読めちゃう優れもの!さすがだよ筑摩書房!名前とあらすじ?くらいしか知らなかった作品もきちんと読めてよかった。やはり、名作揃いだった。このシリーズ、早く全部刊行されればいいのに!次は太宰を買おうかな。

全37件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

小説家(1892-1927)。東京帝国大学文科大学英文学科卒業。創作に励むかたわら、大阪毎日新聞社入社。「鼻」「蜘蛛の糸」など数多くの短編小説の傑作を残した。1927年、服毒自殺。

「2019年 『羅生門・鼻・蜘蛛の糸 芥川龍之介短編集 Rashomon, The Nose, The Spider Thread and Other Stories』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芥川龍之介の作品

ツイートする