永井荷風 [ちくま日本文学019]

著者 :
  • 筑摩書房
3.68
  • (5)
  • (9)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 92
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480425195

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • B918.6-チク-19
    300011715

    明治から戦後まで活躍した荷風の代表的な作品をいくつか入れた本です。わたしが5歳頃まで生きていた作家なので、古くはあってもそれ程大昔の人ではありません。「濹東綺譚」や「すみだ川」など代表作を読むと、現在の東京とはまったく異なる世界が書かれています。また、主人公たちの行動は今の日本人から大きく隔たっています。彼の作品に現れる世界や行動・人生・価値…等々の観点と現代のわれわれが抱くものの違いから、「こんな世界もあるんだ…」と楽しんで欲しいと思います。

  • 2016年3月新着

  • これ以上私を寂しくさせて一体どうするつもりですか。

  • 風景描写がツボにはいった。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

一八七九(明治一二)年東京生まれ。高商付属外国語学校清語科中退。一九〇三年より〇八年まで外遊。帰国して『あめりか物語』『ふらんす物語』(発禁)を発表。一〇年、慶應義塾大学教授となり『三田文学』を創刊。五二年、文化勲章受章。五九(昭和三四)年没。主な作品に『腕くらべ』『つゆのあとさき』のほか、一九一七年から没年までの日記『断腸亭日乗』がある。

「2018年 『麻布襍記 附・自選荷風百句』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永井荷風の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

永井荷風 [ちくま日本文学019]を本棚に登録しているひと

ツイートする