菊池寛 (ちくま日本文学 27)

著者 :
  • 筑摩書房
4.25
  • (16)
  • (8)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 98
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480425270

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 菊池寛 ちくま日本文学全集



    菊池寛はテーマ主義者であると言われている。なによりもまず、明確にテーマを設定する。そしてそのテーマを、無造作な表現で、率直かつ端的に、読者にぶちまける、これが彼の方法だというのである。
    たしかにそれはそのとうりだが、テーマを展開し、押し通した末に、彼が決まってたどり着く「結末の明るさ」に注目したい。幾つか例外はあるけれども、彼の作品は、大抵明るく締めくくらている。

    涙の谷で根無し草。
    「忠直卿行状記」

    「入れ札」

    「藤十郎の恋」

    「恩讐の彼方に」

    「仇討ち禁止令」

  • 菊池寛の名作がぎっしり詰まった、素晴らしい一冊。

    説明不要の名作「忠直卿行状記」は何度読み返しても、素晴らしいと改めて思いました。

    徳川家康の孫である、松平忠直。
    大阪の陣では、真田幸村を討ち取るという武功を得ながら、失意の晩年を過ごした悲劇の大名として有名です。
    この作品では、松平忠直の勇ましさと繊細さという相反する個性を浮き彫りにしつつ、階級社会における君主の孤独をきちんと描いています。

    具体的に説明しますと、安定期に向かう武家階級社会においては、秩序を維持するための「礼」が必要になります。
    ところが、武家社会においては、しばしば武威による「実力」が求められます。
    この、「礼」と「実力」という相反する矛盾が、武士階級における「欺瞞」を顕在化させてしまします。

    情熱にあふれた若き君主である忠直は、武士階級社会の「欺瞞」にきづくのですが、それは同時に武家社会そのものを根本から支える秩序であるため、苦悶し自らの地位を転落させることになるのが、この小説の読みどころです。

    非常に簡潔な筆致と、スピード感あふれる転落劇!
    後半は、ジェットコースターノベル的な様相を展開します。


    また、凶悪犯と被害者家族を中心に、罪と赦しを問うた傑作、「ある抗議書」「恩讐の彼方に」も素晴らしい作品。

    特に「ある抗議書」は問題作として有名らしく、海外の映画等に影響を与えているようです。
    数年前、カンヌで賞をとった韓国映画「シークレットサンシャイン」は同じモチーフでつくられれいます。

    「シークレットサンシャイン」を鑑賞後、感動のあまり呆然自失となっていましたが、原型は「ある抗議書」にあったと分かった瞬間にその感動も薄れました。

    最近小ネタの多い日本映画ですが、こういった近代の古典的な作品のモチーフを活かすことで、クオリティの高い作品作りにつなげて欲しいと思いました。

  • ちくま文庫

    菊池寛 「忠直卿行状記」「藤十郎の恋」「ある抗議書」「恩讐の彼方に」など 人間の苦悩、悲劇、再生を描いたエンタメ小説傑作選。面白い。

    勝負事
    *賭博で一文無しになった祖父〜家族の悲劇

    三浦右衛門の最後
    *命を捨てる武士道の中、命を惜しむ 人間らしい人間の悲劇
    *人間の生をもてあそぶまで堕落した武士の悲劇でもある?

    忠直卿行状記
    *殿様の狂気の物語〜自分を信じられなくなったことの狂気
    *忠直卿の残虐は 臣下が忠直卿を人間扱いしないので、忠直卿も臣下を人間扱いしなくなった

    藤十郎の恋
    *やつし=美男子、色事師の演技〜芸術的な苦悶の物語
    *芸の肥しのために 人生が変わってしまう女性の悲劇

    入れ札
    *他人の嘘を咎めるには 自分の恥を打ち明けなければいけない状況の物語

    ある抗議書
    *殺人加害者がキリスト改宗したことにより 幸福感を得ながら死刑されることへの 被害者家族の苦悩

    恩讐の彼方に
    *殺人加害者が 仏道に帰依し 衆生済度のため 身命を捨てて人を救うと共に 自身も救う物語。感動のラスト

  • 簡潔ながら情趣溢れる文章が、切実で素朴な人間の心の内を見せてくれます。
    罪と赦しと、善意と悪意の絡み合う短編集でした。


    「勝負事」
    賭博で財産を失い、二度と賭け事をしないと心に決めた「私」の祖父。その最後の勝負の相手とは?
    思いがけなく優しい気持ちになる作品です。もしかしたら一番好きかもしれません。

    「藤十郎の恋」
    演じたことのない役を掴むため、藤十郎のついた恐ろしい嘘。書き出しののどかな春の風景からは考えられない、後味の悪い結末でした。
    芥川の「地獄変」と対比してみると面白いかもしれません。

    「恩讐の彼方に」
    一念岩をも通す。罪も赦しも忘れて、ただ喜びを分かち合う二人の姿。

    「父帰る」
    短くて驚きました。少し引っかかる終わり方で考えさせられます。
    なんとなく、お父さんは二度と姿を見せないような気がします。

  • 菊池寛の作品集初挑戦。読んでて常に思ったのは、この小説は、歌舞伎芝居や演劇などの素養のある人が書いた物語だなぁ、という印象。
    実際に歌舞伎になったり演劇になったりしている作品もありますが、とにかく全体を通して、話をまとめるための良い意味での予定調和、「そこ」へ向かって突き進むストーリー性、登場人物の心情吐露が義太夫節……みたいな感じなんですよね。非常に判りやすく、テンポ良く、ドラマチックで面白かった。(歌舞伎をノベライズしたら、こんな小説になるよね!みたいな書き方してるんですよねー)

    あと、『私の日常道徳』がとても、菊池寛!な感じで笑っちゃった。

    巻末解説は井上ひさし。井上らしい、菊池寛作品の「結末の明るさ」に対する考察も面白いので一読オススメ。

  • 2016年3月新着

  • 各小説の主題が、とても分かりやすく書かれているように感じた。

  • 「恩讐の彼方に」を読むために図書館で借りたが、「忠直卿行状記」がダントツでよかった。
    リーダーとして他人の上に立つ人の孤独感がひしひしと伝わる。
    ひょっとしたら総理大臣も、会社の社長も、こんな気持ちになるのかもなぁ…。
    どの作品を読んでも、人の心理を描くのが巧みな作家だなと思った。

  • 純粋に読み物としておもしろい話が多い。重くなく、かといって軽くはない。短編が中心の構成。時代物が多い気がするが十分に楽しめる。

  • うーん。面白い。

    これぞ、近代文学。

    元々は「ある抗議書」が読みたくて購入。『何もかも憂鬱な夜に』が死刑を目前にした未成年加害者側の話なら、こちらは死刑を救いとして受け入れる犯罪者を通した被害者親族の話。
    考えさせられる。

    「島原心中」の死による救いの話は、『高瀬舟』を微かに思い出させるようで……死に追いやった男を自白させた検事の心の動きが非常に面白かった。


    「勝負事」「三浦右衛門の最後」「忠直卿行状記」「藤十郎の恋」「入れ札」「ある抗議書」「島原心中」「恩讐の彼方に」「仇討三態」「仇討禁止令」……などを所収。

全21件中 1 - 10件を表示

菊池寛の作品

菊池寛 (ちくま日本文学 27)を本棚に登録しているひと

ツイートする