春画のからくり (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.21
  • (2)
  • (4)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 99
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480425898

作品紹介・あらすじ

春画では、女性の裸体だけが描かれることはなく、男女の絡みが描かれる。男性のための女性ヌードではなく、男女が共にそそられ、時に笑いながら楽しむものだったと考えられる。また、性交場面を際立たせるために、顔と性器以外は、衣装で隠された。「隠す・見せる」「覗き」等の視点から、江戸のエロティシズムの仕掛けが明らかになる。図版豊富。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 江戸時代のことなら田中優子に聞けと、いつも吹聴していますが、これは、たとえばキリスト教・聖書のことなら田川建三に、国家論のことなら滝村隆一に、右翼思想とりわけ北一輝のことなら松本健一に、美人のことなら井上章一に、マンホールのふたのことなら林丈二に、SMのことなら団鬼六に、などと似たような、あることに関して様々な見解を知るよりも、他の誰よりも信頼のおける一人の当代随一の研究者の目を通した偏った見方で認識し通してみたいと願望する、私の偏向した趣向にすぎませんが、これが案外なかなか面白くてやめられません。

    つまり、彼や彼女の全著作を読むことによって、その視点を我がものとして反対意見や全体もみえてくるというものです。

    それはさておき、そうです、今回はまさか(?)の春画ですが、要は浮世絵師の巨匠たち、私は浮世絵そのものをあの元アレン短期大学浮世絵専任講師=小説家の高橋克彦から薫陶を受けた者ですが(ただ著作を読んだだけ!)、喜多川歌麿や菱川師宣や葛飾北斎も皆、たとえば『富獄三十六景』の名声だけではとても食べてはいけず、生活のため春画を描いていて、しかもそれは1枚や2枚でなくシリーズものや画集となっているほど量的にも多いといいます。

    そして、あの時代の紊乱たる性風俗のこと、きっとエログロナンセンスきわまりないえげつないものばかりだと想像していましたが、そうではなかったので拍子抜けしてしまいました。

    まず、春画は、現代のように女性だけが裸で描かれることはなく、男女の絡みが描かれること。

    それは、男性のための女性ヌードではなく、男女が一緒にそそられ、時には笑いながら楽しむものだった。

    なんと江戸時代は、今よりもっと男女ともが大らかに性を謳歌していた時代だったとは。

    そして、性交場面を際立たせるために顔と性器以外は衣装で隠したこと。

    なるほど、見る絵・見る絵がすべて顔のクローズアップと女性性器と男性性器ばかり。ここらあたりは、性指南書としての役割もあったことをうなずけるものがあります。

    ともかく、しのごの私が言ってもどうにもなりません。隠す・見せる・覗きのテクニックから江戸時代のエロティシズムの全貌を開陳してみせてくれる優子センセの講義を、あなたも聞いてみてはいかがですか。



    この感想へのコメント
    1.mackinchan (2010/02/19)
     買いたくても買えない本があって、同じ田中優子のとんぼの本だったかの春画の本も買えませんでした。売り場が嫌なのと、家族にどうするか、ということと、読んだ後どうする、というのが大問題だったのです。純情だったら買える物を、スケベ心がスケベ心を抑圧するのでした。

    2.薔薇★魑魅魍魎 (2010/02/21)
    何を弱気な、頑張れスケベ心!
    堂々と胸を張って、春画や篠山紀信は芸術だと言い放って納得させてみせて下さい。方法としては、れっきとした美人画の横に枕絵を、仏像の土門拳の横にヘアヌードの篠山紀信を配置するしかないですね。おずおずと恥ずかしがるやましい素振りは、かえって内心を見抜かれるので禁物です。
    もっとも、コソコソ密かにということに意味があり醍醐味があるともいいますが、ご苦労お察し致します。

  • こんなに大真面目に
    論じられたのでは
    粛々 ふむふむ
    と 読み進めるしかないですね

    田中優子センセイ
    の 男女の交合い大講義
    とても 楽しく興味深く
    読ませてもらいました

    本文中に出てくる
    そのモノの描写だけではなく
    男と女の人間の関係性を描いている
    という論評には
    なるほどと深く感じ入りました

    いつの時代でも
    どの国でも
    男と女が存在する
    この地球では
    普遍的な事象なのでしょう

  • 一昨年から昨年にかけて大英博物館で開催された春画展。日本ではこれまでほぼ禁忌事項の如く扱われ日の目を見ることは無かったが、あまりの反響の大きさに、ついに今年開催。現在12月までの日程で開催中。僕もこの間見てきたけれど、美しさや面白さに目を奪われると同時に、江戸以前の倫理観が如何に現代と違うのかについて衝撃を受けた。今我々が盲目的にフォローしている倫理観は、実は明治以降に新政府によって植え付けられたものだったと言えるのでは無いか、とその時感じたのだが、この本を読んで益々その思いを新たにした。
    というか観に行く前に読んどけばよかった…。現法政大学総長で、江戸文化研究の第一人者である田中優子教授の春画に関する過去5本の論文を再構成して判りやすく文庫化したこの本は、春画を通じて平安以降の日本の性愛観や置かれていた状況を、ひとつひとつ図版を使って丁寧に解説されている。文庫で白黒、尚かつ図版が小さいが、ここで取り上げられている多くの作品は大英博物館の所蔵作品で、つまり今回の春画展で公開されているものが多い。だからそういう意味でも、読んでから行くべきだったと大公開。
    個人的に一番興味深かったのは、源氏物語、平家物語からスタートする「テクスタイルとしての布」と「隠すことによって強調する」という手法に関する教授独特の観点。これ、実物の絵を見てこの本を読むと良くわかるんだけど、特に江戸中期以降の春画については、露出がどんどん少なくなり(基本的にピーク時の春画は結合している性器のみが露出されている)、その分着衣を効果的に用いて隠すことで、結合行為から野暮ったさを排除したり、逆にそれを強調して笑いにするなどの高度な手法が用いられていることを初めて認識した。どうしてこんなに露出が無いのにエロスなのかと思っていたのだが…。また、着衣も色んな描き方をされることで、周りの文化や題材の人々の階級、行為といったものが本当によく見えてくる。そして何より、春画はポルノとは違う。ポルノは基本的に男が女を観賞して楽しむというウエメセナ側面が捨てきれないと思う(違うのもあるんだろうが)。春画は男女一緒に楽しむ、と言うのが根本的に違うところ。
    江戸期においては呉服屋と春画画家は持ちつ持たれつであり、呉服屋は春画画家の大発注主で、春画は呉服屋にとっては宣材でもあったと言うのも面白い。また、個人的には江戸時代において覗きという行為が笑いの対象で趣味にはならないというのも新鮮であった。考えてみれば江戸の町家に現代のような閉鎖的な空間は殆ど存在しなかったのだから、他人の性行為を簡単に目撃するのが当たり前というのは判らないでもないけど、想像したことは無かったな…。
    春画展は年末12月23日まで開催中。今月いっぱいで前半が終了して、展示作品ががらっと入れ替わるので(会場である永青文庫が小さいので、展示作品数に限界が有ることが理由)、改めてもう一度後期観に行こう。しかし問題は、これ、おっさんひとりとかふたりで観に行くにはやはり抵抗のある展覧会なのだ。この前行ったときはこういうのを気楽に頼め、趣味の系統が同じほぼ唯一の友が一緒に行ってくれたけど、さてさて、まずはそこからか…?

  • 春画のからくりというタイトル通り、春画の見所、解説、解釈、変遷が見事にまとまっています。
    なるほど、そういう解釈をして楽しむ(エッチな気分になる、という意味ではなく、単純に笑う)ものなのかと、春画の奥深さを感じます。
    春画は笑いの種として親しまれていたようですが、いや多人数で見るのも恥ずかしいし、しかもそれを笑いに変えるとなると、僕にはなかなか理解できません。それだけ性に奔放だったのでしょう。
    死が日常であった時代だからこそ、生=性も日常的なものとしてあったのかもしれません。

    大学時代の卒業旅行で秘宝館に行きまして(笑)そこにはもちろん春画があったのですが、本書のような解釈が添えてあったら、もっと違った視点から見れたのに……と残念でなりません。絵師の意図を汲み取る鑑賞者の教養を求められます。表現者と鑑賞者、送り手と受け手のルールが存在し、故に門外漢などが見るとその魅力が半減し、大衆受けの不毛な作品に成り下がってしまいます。これは春画に限らないことですが、送り手と受け手のギャップによって、本来評価されるべき作品も評価されなかったり、また逆のことも言えます。それで言えば、春画は評価されて(単なるポルノ作品として扱われなくて)良かったです。
    ふと思ったのですが、じゃあ現代のポルノ作品で、後世にまで受け継がれそうな『芸術性の高い』ポルノ作品はあるのでしょうか?

    『見える・見えない』や『隠す・隠さない』によるエロティシズムとは鑑賞者に想像力を働かせる余地を残しているため、そこに更なるエロスを感じることができる。確かにそうですね。『脱げばいいってもんじゃない もっと色気出して』と言われたら、隠す表現がどうしても重要になってきます。
    なかなかに面白かったのですが、挿絵がカラーだったらもっと良かったのに……と思わずにはいられません。
    僕の評価はAにします。

  • 絵の解読という面でとても面白いですね。
    時代毎に、流行りの描かれ方があったりするってのが意外というか。
    マンガとかの技術の流行り廃りとかに近いものがある感じですね。

    実際の春画の解読に入る前の何章かの内容が興味深かったです。
    ここだけでも立ち読みすると、日本の有害図書とかそこら辺のおかしさ加減に気付くかも。

  • 写楽以外の(少なくとも有名な)絵師はみな描いていたといわれ、江戸の文化を考える上で欠かせないものである春画であるが、日本の展覧会などではなかなか見る機会がない。
    そのような春画について、多くの図版を交えながら学術的に考察されている。

  • 中国のそれはあけっぴろげのようだが日本のそれは「覗く」のだな。(カバー掛けて読みます)

  • 買うときちょっとどきどきしちゃった。
    だって帯の文句が…w

    春画は江戸のパワーみたいなものが、ものすごく強力に出ていると思う。
    いや、だって、ほんと、すごいんですね。

    まだ読んでいる途中です。


全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

田中 優子(たなか ゆうこ)
1952年横浜生まれ。江戸文化研究者。法政大学社会学部メディア社会学科教授・法政大学国際日本学インスティテュート(大学院)教授。社会学部長を経て、2014年4月に法政大学総長就任。専門は日本近世文化・アジア比較文化。
1986年『江戸の想像力』により芸術選奨文部大臣新人賞、2000年『江戸百夢』でサントリー学芸賞、芸術選奨文部科学大臣賞をそれぞれ受賞。上記受賞作のほかにも、『江戸の恋』など江戸時代を紹介する一般向け啓蒙作が多い。
サントリー美術館企画委員、サントリー芸術財団理事、放送文化基金評議員、大佛次郎賞選考委員、開高健ノンフィクション賞審査委員、サントリー地域文化賞選考委員などを務めてきた。

春画のからくり (ちくま文庫)のその他の作品

田中優子の作品

春画のからくり (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする