珍世界紀行 ヨーロッパ編―ROADSIDE EUROPE (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.84
  • (12)
  • (7)
  • (9)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 155
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (447ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480426390

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヨーロッパの博物館等の紹介。
    マダムタッソーはずいぶん昔からあるんですね!
    性愛は日本のほうが好みだ。

  • ぎゃー!
    なにコレぇー。

    表紙の”おしり”のギミック(?)に目を取られて
    本屋で手にしたはいいけど、、、

    まず、オランダのS○Xミュージアムとか、
    変でなかなか行けないところが写真付きで
    載ってるのは、疑似体験できるので良。

    でも、最後の晩餐のモニュメントで、卓上に
    ”女○盛り”って、、、すご。

    バイオレントの章は、キモゲロだったな。。

  • 変な観光施設案内のヨーロッパ版。
    外国にも秘宝館のような施設があってちょっと安心できます。(^^;
    死体とか、骸骨関係の展示と、蝋人形の展示が同じレベルで存在する理由が、キリスト教の死後感にあるということに、気づかせてもらいました。
    たしかに、キリスト教だとお化けとかでないものなぁ。悪魔とかは結構頻繁に出るようだけれど。
    これも、フルカラーで興味深い本でした。
    きっと日本編と比べると生き残っている施設も多いことでしょう。

  • 博物館が中心の構成は、想定内の内容ばかりで、退屈。
    特に蝋人形系が多すぎる。

    これはひとえに現地事情に通じていないことにあるだろうが、
    もっと自然発生的で、ヤバイスポットを海外だからこそ見たかった。
    日本で言う部落やキチガイの家のような。

  • 花泉図書館。

    都築氏のこのシリーズは、大判本で読んだ(見た)ほうが絶対いいと思うのだが、やはり価格がネック。。。
    文庫版の出版は「手に入れる」ということでは大歓迎なのだが、いかんせん文字が細かくて目がシパシパする。
    しかしながら、ガイドブックにならないガイドブック(笑)はとても見ごたえがあるなぁ。

    買うべき一冊。

  • 世の中のコレクターの好みというものは存外はっきりしているんだなあって思わせてくれるちょっと変り種な博物館の紹介本?ヨーロッパ編。
    奇形系と拷問系はちょっと遠慮したいけれど、蒐集系とカタコンベと宗教系は行ってみたいと思う。

    写真と道行方が載っているのでガイドブック(事前チェック必須)としても使えるかも。

    十字架の丘が一番泣きそうな気がする。
    マダムタッソーが空いていれば是非行きたいけどねぇ・・・。
    あとロシアのスパイ博物館。面白そうだ。

  • 世界の怪しい博物館や聖堂をレビューした写真集。拷問館、あらゆる病気の博物館、人骨で出来た聖堂、世界にもあるあるアダルト宝物館。現地に行ったら本当に立ち寄るか?と言われると正直行きたくない、でも中身が気になる、という怪しいスポットの内容が満載です。変なものを集める、変なものを大々的に作っちゃう、というのは万国共通なんだな、と安心?させてくれる一冊。

  • 2011/3/28購入

  • 富瀬とおるさん選

  • 写真もいいけどこの人の語り口がすごく好き!時間を忘れて惹きこまれる。いっきに読めちゃう。文句なしに面白い。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1956年東京生まれ。ポパイ、ブルータス誌の編集を経て、全102巻の現代美術全集『アート・ランダム』(京都書院)を刊行。以来現代美術、建築、写真、デザインなどの分野での執筆・編集活動を続けている。93年『TOKYO STYLE』刊行(京都書院、のちちくま文庫)。96年刊行の『ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行』(アスペクト、のちちくま文庫)で、第23回木村伊兵衛賞を受賞。その他『賃貸宇宙UNIVERSE forRENT』(ちくま文庫)、『現代美術場外乱闘』(洋泉社)『珍世界紀行ヨーロッパ編』『夜露死苦現代詩』『珍日本超老伝』(ちくま文庫)『ROADSIDE USA 珍世界紀行アメリカ編』(アスペクト)『東京スナック飲みある記』(ミリオン出版)など著書多数。

「2018年 『白い孤影 ヨコハマメリー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

都築響一の作品

珍世界紀行 ヨーロッパ編―ROADSIDE EUROPE (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする