小津ごのみ (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
4.05
  • (4)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 75
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480428202

作品紹介・あらすじ

小津映画には監督の美意識・趣味が溢れている。ファッション、インテリア、雑貨といった表層的なものから、俳優・女優の顔かたち、仕草や口調や会話の間にいたるまで。原節子、三宅邦子、笠智衆、佐分利信、東野英治郎、斎藤達雄と名を連ねるとおのずと小津映画ムードが湧いてくる。映画評論家の見落としがちな、監督の好嫌の感情に注目した、画期的な小津論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小道具、台詞など小津映画をディテールから探究していく。直感的に理解しやすい小津安二郎論。

    日本映画で小津安二郎ほど難しい論評の対象になる監督はないだろう。独自のローアングル、構図など。記号論であったり性的な解釈などが多い。

    本書はそんな難しい論ではなく、小道具や台詞など映画の中の細かい部分を見て論じていくというスタイル。

    筆者のイラストも含め小津映画とはまた異なる独自の空間。

    「神は細部に宿る」というが、筆者は良くぞここまで小津映画の細部を探究している。ここまでの細工を発見されもし人格があるなら作品冥利に尽きるだろう。

    小津ファンだからこそ、そして女性視点だからこその画期的な小津安二郎論であろう。

  • 「絢爛たる影絵」で、「考えすぎでは?」と思った点を、中野さんも指摘していた。

  • まあ同感。

  • 本屋さんで衝動買い。面白かった。
    小津安二郎の映画は子供の頃から大好き。で、小津安二郎についての本は無数に出版されています。
    そういう本を読むのも断続的に20年以上続けています。
    畢竟、目新しい情報や意見に接することはなかなかありません(笑)。
    だけど、しばらく読んでないと気になるからまた読んじゃう。

    で、この本は中野翠さん。
    実はやっぱり映画について論じるということはまだまだマッチョな行為なのか、
    なんだかんだ、女性が映画について、それも映画作家について主観的に語り下ろした本って少ないと思うんですよね。
    まあ、そういう意味で希少だ、ということに価値を置くこと自体が女性に失礼なことなのかもですが。

    やっぱり小津映画について語るというのは、「俺、生前知ってたもんね」的な一次情報がない限りは、なんていうか・・・オタク的知識度を試される部分があるんでしょうね。
    だから、感覚的なだけの評では、なかなか一冊分に行かないのか。

    中野翠さんは当然ながら相当に色んな薀蓄がベースとしてはあって、
    それを踏まえてタイトル通り「好みかどうか」という土俵にかなり引きずり込むことで、「小津映画」及び「小津映画についての本」にかなりスれている僕にも、好感の持てる興味深い本になりました。

    まずは、冒頭章の「小津映画の着物」についての文章がとっても面白くて、この本の基調をつくっています。
    中野さん自身が正直に触れているように、別段、「史上初の指摘」ではないんでしょうけれど、ソレを冒頭に持ってくるところ、確信犯ですね。
    究極、この冒頭章だけでも十分です。面白い。
    やっぱり、小津のカラー映画って、粗筋を超越して「かわいい」し「ラブリー」ですもんね。
    そこがまず大事じゃん、という着眼は地味に秀逸です。

    以降、僕が好きだったのは、

    ●小津映画に(特に原節子がらみで)精神分析的に性的な隠喩がある、という映画評論的言説がケッコウある訳ですが、バッサリ、「そんなこと全然思わないし、違うと思う」と述べている下り。

    ●小津映画の情感を、「小市民生活の幸福」と言った紋切りでは表現できないものとして、中野さんなりの言葉で小津的な「無常観」「もののあはれ」という印象を言語化しようとするくだり。安易に仏教的だったり観念的だったりする言葉を避けようとするセンスは好き。自分の言葉、読者に手渡せる口語で。そのために多少、不明確であっても良し、という選択があるんだろうなあ、と。

    ●小津映画は好きだけど、細部全部を肯定はできない、という「好み」に忠実な率直さ。どう考えても品が良くないセクハラ的なジョークや、小津本人も失敗作と認める何本かで見せているゼンゼン納得いかない主人公の心情や台詞とか。あと、基本的に女性客から見て、女性登場人物の心情に寄り添って観れる訳ではなく、「小津好み」な美的フォルムを、いいなぁ、と思えたり、かわいいなぁ、と思えたりするかどうか、ということ。
     これも正直、そのとおりだと思いますね。ソコんとこ、雑に全体を神格化してもしょうがない。そしてまた、そういう欠陥を含めて、小津映画の個性な訳なんで。

     映画史的な細かいお話とか、小津の映画制作上の、スタッフとの関わりとか、という裏話的なところでは、若干「?」と思うところもありました。けどまあ、それはこっちがあまりにも長年その手の本を読んでいるからで。全体としてはいつもの中野さんの本と同じく、率直で誠実な文章、そこの薀蓄や視点には確かに芸があるし、奇を衒わない語り口。心地よい本でした。

     小津映画自体が女性の客は少ない訳ですが、ましてや小津映画についての本ともなると、多少映画好きであっても女性にオススメな本ってほぼほぼ、無いと思うんですよね。
     そんな中、「小津映画のカラーの作品は、かわいいし、基本コメディだし、女性にもお薦めなんだけどなあ」「例外もあるけど、小津映画って基本コメディ、クサイの嫌いなお洒落な映画なんだよなあ」「別に日本文化とか禅とか仏教とか人生訓とか家族論とか、そういうことじゃないんだよなあ。ただ単に、上品で面白い映画なのになあ」と、もやもや思っていました。
     そんなもやもやを、かなりな部分、的確に晴らしてくれた本でしたね。

  • あとがきにあるように、登場人物の衣装、インテリア、小道具、役者の顔など「目に見えるもの」に焦点をあてて書きつづる。実際に作品を見て、確認してみたくなった。画質と音声のよい「東京物語」のDVDはないものか・・・
    中野翠さん自身による挿絵も素晴らしい。
    小津監督絶賛ではなく、”おじさま”の卑猥な?セリフには「何コレ?」とはっきり書くところがよい。図書館借用時は★3だったけれど、ちくま文庫を買って再読して★5
    。丸善にも在庫なく、アマゾン経由で手に入れた甲斐がありました。

  • 小津映画を中野翠さんが色々な面から
    解釈して説明してくれている本。
    小津映画、大好きで何度も見てるけど
    内容について語り合える人がいないから
    この場面はこうなんじゃ?とかこのセリフ素晴らしい
    とか、この衣装・この家具素敵とか、誰かと
    話し合いたかった。その思いを中野翠さんが
    代弁して語ってくれているので、
    読んでいて「そうそう、そうだよね」
    「うんうん、私もそうおもった」とか
    うなずきながら面白く読んだ。
    この本を読んだ後でまた小津映画を見返すと
    更に小津映画を満喫できる。

全7件中 1 - 7件を表示

中野翠の作品

小津ごのみ (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×