ネオンと絵具箱 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.80
  • (3)
  • (7)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480429186

作品紹介・あらすじ

現代美術作家・大竹伸朗の視点で切り取る日常の雑感と創作への思い。絵画や音楽、展覧会、スクラップブックや夢日記、ロンドン、別海、宇和島での日常、路上と創作、趣味、家族、友人、過去、未来、そして現実と妄想…日々浮かぶトリトメなきテーマの裏にあぶり出る「わからない雑景」。未収録エッセイ28篇、カラー口絵8頁を収録。2003〜2011年のエッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 同名の単行本に収録されたエッセイに、その後書かれたエッセイを加えて文庫化している。宇和島のアトリエとその周辺での身辺雑記と回顧展、直島銭湯の話等どれも興味深く、楽しめた。特に、宇和島のオヤジと鳥羽一郎のド演歌の話は、笑えた。文章も素晴らしい。画家には、名文家が多いが、大竹伸朗も岸田劉生、小出楢重、野見山暁治に続く書き手だろう。

  • 2012-6-2

  • 現代美術家の大竹伸朗さんのエッセイ。

    瀬戸内国際芸術祭でも複数の作品を見ることができる大竹伸朗さん。このエッセイは彼の日常をユルい感じで書いているので、気軽に読めます。
    ですが、彼の美術的なひらめきに満ちた文章がガツンと来ること多数。そして周りの人にたいする愛や、ちょっと親父っぽい哀愁にも愛着を覚え、飽きません。

    写メをとって友達に送っているばかりいる場合ではないのです。

  • 大竹伸朗の展覧会を初めて見たのが2007年の広島市現代美術館で、ちょうどそのころのエッセイであったためすっと入ってきた。松尾くんのこと、とか、林先生、とか、ちょっといい文章。

  • モロッコ旅行記「カスバの男」は巻末の角田光代さんの読書感想文での興奮度が理解できなかった。
    描写は妙にさめているのに、記述内容では興奮している。

    このエッセイ集は全く期待していなかったが、
    通常のエッセイ集が数年前の古いネタなのに、これは、ついこの間のことが書かれ、
    大竹伸朗、静かなその人の、感情の起伏が手にとるように描写されている。

    現在開催中の回顧展の準備での数々のエピソードとそのときの心境、
    牧場での展覧会の開催のいきさつ、宇和島駅のネオンのこと、
    さらには、ロンドンでのラッセルミルズとの出会い。デビットシルビアンとの交友。
    非常に興味深い内容ばかり。
    「全景」を見た人、見る人には必読の書といってもいい。

    このエッセイに書かれているアルバム「3R4」は好きな音のひとつでもある。
    彼等としてはポップなシングルと合わせて「8 TIMES」というCDで再発されたものがここにある。
    もう、20数年前の音だが、数年前のOVALとどちらが新しいとは誰も言えない・・・ 
    (2006/12/12記 月曜社版)

  • 美術家 大竹伸朗による2003〜2011年のエッセイ集。自身の作品、展覧会に纏わるものから日常の風景や出会った人々まで独特の切り口で記されている。あらゆる物事が作品に直結しているようで、全身美術家と言える。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1955年、東京生まれ。1980年代初頭より国内外で作品発表を開始。2006年初回顧展「大竹伸朗 全景 1955–2006」(東京都現代美術館)以降、東京、香川、ソウル、ロンドン、シンガポール等で個展。光州ビエンナーレ(韓国)、ドクメンタ(ドイツ)、ヴェネチア・ビエンナーレ(イタリア)、横浜トリエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭はじめ国内外の企画展に参加。1986年に初作品集『《倫敦/香港》一九八〇』(用美社)刊行後、作品集や著作物、CD等多数発表。主な著書にエッセイ集『見えない音、聞こえない絵』『ビ』『ナニカトナニカ』(共に新潮社)、『既にそこにあるもの』、『ネオンと絵具箱』(共にちくま文庫)、絵本『ジャリおじさん』(福音館書店)等。エッセイ「見えない音、聴こえない絵」は、月刊文芸誌『新潮』に現在も連載中。2014年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。
ohtakeshinro.com

「2019年 『大竹伸朗 ビル景 1978–2019』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大竹伸朗の作品

ネオンと絵具箱 (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×