トーベ・ヤンソン短篇集 黒と白 (ちくま文庫)

  • 筑摩書房
3.58
  • (8)
  • (11)
  • (15)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 226
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480429308

作品紹介・あらすじ

ムーミン作家トーベ・ヤンソンは、じつは子供のこだわりと大人のユーモアやペーソスがない交ぜになった味わい深い小説やエッセイの作者でもある。多くの名作短篇のなかから、明るく楽しい作品を編んだ「トーベ・ヤンソン短篇集」に対し、本書はいわばそのダークサイド。シニカルでいて愛に溢れた独特の作品群は、気むずかしく気位が高い老人のよう。まさにヤンソンの本領が発揮された一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 来年がヤンソン生誕100周年ということで、気になっていた短編集を読んでみた。読後感は、不思議。でも、この感じは好き。最近読んだ本では、アレハンドロ・サンブラ『盆栽/木々の私生活』に所々よく似ていると思った。ただ、あちらがひたすら優しかったのに比べて、こちらは一癖も二癖もある大人味、という印象。面白いというより癖になる、そんな短編集。

  • トーベ・ヤンソンの「陽」がムーミンシリーズだとすれば、「陰」がこちらの大人向けの短編集ということらしい。(と、いいきれるほど『ムーミン』も手放しで「陽」なわけじゃないとは思うけれども)

    フィリフヨンカたちの物語だな、という印象。大災厄にひたすら怯えて怯えて、やがてほんとうに大災厄に襲われた後、とてつもない開放感に踊りだした彼女の影がそこ、ここにあるようでした。(まあ、それだけでくくれるほど簡単な物語ではないですけどね)
    仄暗いイメージなのに、読後感が悪くないのが不思議だなと、余韻に浸ってるところです。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「『ムーミン』も手放しで「陽」なわけじゃ」
      単純に明暗とするのは、ちゃんとムーミン読んだ人より、アニメしか知らない人の方が多いからじゃないで...
      「『ムーミン』も手放しで「陽」なわけじゃ」
      単純に明暗とするのは、ちゃんとムーミン読んだ人より、アニメしか知らない人の方が多いからじゃないでしょうか?
      2012/05/10
  • トーベ・ヤンソンの描く、人間関係の奇妙さや逃れたくなる面倒くささや、誰かと一緒にいても結局はひとりきりだというどうしようもない孤独や、それらをひっくるめての人が生きることへの愛おしさがとても好きだ。

    「記憶を借りる女」がわけわかんなくてすごく怖かった。ああいうホラーも書くのね。ホラーのつもりで書いたのかは不明だけど。
    この短編集に収録されている話は、「記憶を借りる女」以外はみんな好き。

    「クララからの手紙」は、別の出版社(たぶん)が出したトーベ・ヤンソン短編集だともっと長かった気がしたけど、別の短編と記憶の中で混同してるのかな。そっちもまた読み直したい。

  • 子供らしくない言動でホストファミリーを困惑させる少年(「夏の子供」)、美しい刺繍を施す才能と、人の死を予知する千里眼を持った寡黙な女性(「灰色の繻子」)、さえない女性の役を演じるために、地味で控えめな従姉妹を別荘に招いて観察しようとする女優(「主役」)など、どこかいびつで気むずかしい人々が多く登場する。すぐに好感が持てるタイプではないけれども、噛めば噛むほど味が出てくるような人物の造形が魅力。他には、友人や知り合いに宛てた様々な手紙の文面から、手強い高齢女性の姿が浮かぶ「クララからの手紙」も面白かった。計17篇

  • ムーミンもそれなりに「・・・????????」なところあるけども、それはここでも健在
    っていうかむしろそういうのの方が根深い人なんかなトーベ・ヤンソン

  • 文学

  • トーベ・ヤンソン短篇集 黒と白 (ちくま文庫)

  • 童話や寓話的作品を書く人の後ろには、深くて広い自分の世界が広がっているように思います。決して一色では表現できない彼や彼女だけ世界。これを読んでからムーミンを改めて読むと、また感じるものが違ってくるかも。

  • 【購入】

  •  「さまざまに多義的な連想をさそう表象が、ときに本筋からゆるやかに脱線しつつ、なぜかうまいぐあいに絡み合い、最後にはそれなりにオチがつく。」(P271解説より)という、ヤンソンの「ディープ系」と称される短編集。
     ・ハワイ、ヒロからの物語
     ・夏の子ども
     ・ルゥベルト
     ・連載漫画家
    あたりがスキでした。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

トーベ・ヤンソン(1914~2001)はスウェーデン系フィンランド人の画家・作家。1945年から書き始めたムーミンのシリーズが世界中で愛され、66年には国際アンデルセン賞を受賞。ムーミン・コミックスは弟ラルス(1926~2000)との共著。

「2022年 『スナフキンは どこ? ムーミンのスライドしかけえほん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トーベ・ヤンソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
梨木 香歩
トルーマン カポ...
又吉 直樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×