“狐”が選んだ入門書 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
4.21
  • (5)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480429377

作品紹介・あらすじ

著者のいう「入門書」とは、原典を理解するための補助をめざして書かれた本のことではない。著者はそれを「手引書」と呼んで、区別する。ある分野やことがらを対象に、一般の読者向けに、平明な文章で書かれているというのは無論のことだが、「入門書」はその書物自体が一個の作品となっていなければならない。それは思いがけない発見にみち、読書の歓びを与えてくれるだろう。各分野の厳選された入門書を紹介する画期的な読書案内。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本が好きでたまらない感じや、良い本を広く勧めて、本を好きになったり読書で幸福感を得る人が増えることを心から願う著者の想いが行間にあふれていました。

    しかしその中でも、とても興味を惹かれる本もあれば「こんなに噛み砕いて説明されてるのにちっとも頭に入ってこない…!」と戸惑う本もあり(敬語の説明など)、自分の好きなジャンル・苦手なジャンルを大いに自覚できました。

  • 本の本
    書評

  • 「狐」さんの文章は、どうしてこうも静かに流れていくような文章なのだろう…と思いながら読みました。国語や歴史関係で読みたい本がいくつか。

  • 本好きには、たまらない1冊。

  • 既読感があると思ったら、ちくま新書版で読んだのだった!

  • うまい。

  • 文書の読みやすさ、内容の濃度、素晴らしいと思います。

  • 相変わらず素晴らしい書評集。
    的確な批評で、思わず手に取りたくなる。ゲンダイに書いたものと違い、文字数をしっかりとっているので、切れ味は少々鈍るが、その分、一冊を深く掘り下げてるので、これはこれでまたいい。

    早い物故が惜しまれる。

  • 狐こと山村修という書評家のウワサは聞いていたが初めて読む。
    言葉、古典文芸、歴史、思想史、美術の各分野で出色の入門書を紹介する読書案内。その豊富な読書経験から引き出してくるエピソードによるつかみというか枕がうまくて、どの入門書も読んでみたくなってしまう。紹介された25冊のうち文庫/新書が7割とはいえ、<760円+税>では済まない危険な一冊。

  • 読書家のための清涼な一冊。「狐」の最後の贈り物。

全10件中 1 - 10件を表示

“狐”が選んだ入門書 (ちくま文庫)のその他の作品

山村修の作品

ツイートする