快楽としての読書 海外篇 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.90
  • (6)
  • (9)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 149
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (476ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480429384

作品紹介・あらすじ

中身があって、面白くて、書き方が洒落ている。そして、その本をすぐに読みたくなる。それが丸谷書評の魅力だ。海外の傑作を熱烈に推薦した114篇。聖書とホメロスの新訳を味わい、中世フランスの村の記録に驚く。ナボコフ、クンデラ、エーコ、カズオ・イシグロ、そしてマルケス、バルガス=リョサの魅力を語り、チャンドラー、フォーサイスを楽しむ。書評傑作選第二弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本を切らしてしまった。読むに価する本をどうにかして調達せねばならぬ。そういうときどうするか。私なら書評に頼る。新聞や雑誌には書評欄というスペースがあって、週に一度は新刊の紹介記事が載っている。何度か試すうちにお気に入りの書評家が見つかる。そうなればしめたものだ。彼らの紹介する本を探して読めば、まず大概外れることはない。

    ところで、何もすぐに書店に向かう必要はない。書評はそれだけで立派な読み物である。ここに採りあげたような書評だけを集めた本もある。古くはホメロス、聖書から、ナボコフ、バルガス=リョサ、それにカズオ・イシグロまで、百冊を越える書物の書評が収められている。

    巻頭を飾る「イギリス書評の藝と風格について」は、云わば「書評」論。イギリス書評の伝統と現在に範をとりながら書評のあるべき姿を問う。そこに書かれた「四条件」は、丸谷の書評について解説を依頼された誰もが引用したがる決定版である。そのひそみに倣って引く。第一は、再話性。どんなことを書いた本なのか、読んでなくても人に話せる程度の内容紹介が必須だということ。ネットに溢れる書評には最低限のこれすらないものが多い。第二は評価。これのない書評はないがそれだけに難しい。第三は文章の魅力である。流暢、優雅、個性の三つを兼ね備えるのが理想だが、この辺で書いていて恐ろしくなってくる。そして、最後に来るのが批評性。「それは対象である新刊本をきつかけにして見識を趣味を披露し、知性を刺激し、あわよくば生きる力を更新することである」。

    数が増える順にクリアするのが難しくなるが、当の丸谷の書評に最も顕著なのは、四の批評性の素晴らしさ。厖大な知識量に、持ち前の批判精神が相俟って他を寄せ付けない。

    もちろん文章の魅力にも事欠かない。書き出しから結びまで、頼まれ仕事も多いだろうに、気を抜かず、最大限にその藝の力を発揮する。たとえば、チェーザレ・パヴェーゼ作『丘の上の悪魔』の書き出し。「若さを失つた読者はこの長篇小説を読んではいけない。青春の風がまともに顔に吹きつけて来て、息苦しくなるから」。読むなと云われれば読んでみたくなるのが人情というもの。レトリックで惹きつけるこの手にのせられて、パヴェーゼを手にとった中年読者は評者一人ではないはず。

    書き出しがあれば、結びもいる。「海外篇」だから、翻訳についての評価は欠かせない。ウィリアム・モリス作『世界のかなたの森』の結び、「小野二郎の訳は推奨に価する優れたもの」のような、作家お気に入りの型を持つ。時に「推奨」が「嘆賞」になったりする。書名『快楽としての読書』は、中井久夫訳『カヴァフィス全詩集』の結び、「その偉大な、そしてほとんど未紹介の詩人を、彫心鏤骨の、しかも生きがよくて清新な訳で読む。快楽としての読書といふべきか」からとられたにちがいない。

    自薦書評集だけあって評価の低い本はない。ただ、それだけに誉めてなければ訳の評価は高くないと分かる仕掛けだ。内容については、特に出版する側の意向もあるのだろうが、訳書の題名のつけ方に注文が多い。かつて自著の『笹まくら』という題名に文句をつけられた恨みがあるのかもしれない。内容紹介については実直そのもの。ネタバレには注意しながらも、ほぼ粗筋は分かる紹介ぶり。これなら読まずとも人に語れよう。

    ジョイスはもちろん、ナボコフ、マルケス、バルガス=リョサ、エーコと愛読する作家の既読の本の書評を読み、なるほど、そういう見方があったか、と改めて書棚に手を伸ばすことも一度ならずあった。一冊で何冊分も読書の愉しみを味わうことのできる至福の書評集である。

  • 私が想像していた本では、ありませんでしたが・・
    37年間に渡って著者が書かれた書評から、海外編を収録したものです。
    そのほとんどが、読んでいない本でした。
    「ガリヴァー旅行記」・・なじみ深いです。
    書評として書かれていたくだりには、驚きましたが、物の見方・考え方など、なるほどと・・
    「ローマ人の物語」なども、取り上げていて下さっていたならと・・!!

  • 日本篇は買わないかも知れませんが、こちらは購入予定。

    筑摩書房のPR
    https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480429384/

  • 本の本
    書評

  • イギリスの書評に学ぶ◆書評114選

    著者:丸谷才一、1925鶴岡市-2012、作家・評論家、東京大学文学部英文科→同大学院、元國學院大學助教授
    解説:鹿島茂、1949横浜市、フランス文学者、東京大学文学部仏文学科→同大学院人文科学研究科、明治大学国際日本学部教授

  • 何か読みたくてうずうずしているけれども一体何から手を付ければいいのか決めあぐねている人に是非、一冊目としてお勧めしたい。「読みたい本」が一遍に100冊は登録できるだろう。

  • 書評の最高峰。

  • PDF

  • 『日本篇』と同じくエッセイ3本+書評という構成。『日本篇』と異なるのは小説が主であること。
    英米文学からロシア、ラテンアメリカ、イタリア……等々、取り上げられている文学の種類も数多い。
    先頃、河出文庫から復刊された『ナボコフの文学講義』『ナボコフのロシア文学講義』評が読めたのは収穫だった。

  • 「百年の孤独」を読むきっかけになった本

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1925-2012。作家・英文学者。山形県生まれ。東京大学英文科卒。「年の残り」で芥川賞、『たった一人の反乱』で谷崎潤一郎賞など受賞多数。他『後鳥羽院』『輝く日の宮』、ジョイス『ユリシーズ』共訳など。

「2016年 『松尾芭蕉 おくのほそ道/与謝蕪村/小林一茶/とくとく歌仙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

丸谷才一の作品

快楽としての読書 海外篇 (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする