半年で職場の星になる! 働くためのコミュニケーション力 (ちくま文庫)

  • 筑摩書房
4.07
  • (24)
  • (20)
  • (15)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 294
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480430595

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新社会人ために書かれた社会人(仕事)の教科書。
    すぐに実践できることが多く、早めに手にとることができてよかったです。
    本書に書いてあるような、少しの意識の違いが大きな差になるんですね。

  •  会社でのコミュニケーションの取り方の本。これまでにこれほど納得した本はない。

  • 働く前であっても強く推薦する
    言いたいこと、普段言ってることが綺麗にまとまっていると思うの半分、知らないこと、意識していなかったところ半分 得たもの多
    端的には、「発言の文脈、背景」をどこまで読み取れるか。ここができてない人は周りにも多数おり、その人の周りの人を大いに困っておる。

  • ズーニーさん、はまってます。
    心にのこあった言葉は
    「良い動きに積極的に反応する」

  • 職場の星とは「職場で輝く人」つまり活躍する人。
    売り上げを上げる営業マンだけが「活躍する人」ではない。職場で輝く人の中には縁の下の力持ちのようなサポート力に長けた人もいる。

    本書での「輝く人」の定義は職場・組織・社会を「自由」に動き回る人。

    では、「自由」とはなんなのか?
    ズーニーさんは、「上司へ、同僚へ、社外の協力者へ、信頼のネットワークが出来ること」が社会人としての自由であるといっています。

    ネットワークができれば、情報が入ってくるし、協力もしてもらえる。
    もちろん、一方的ではないので、情報を提供するし、協力もする。
    それらは巡り巡って、全て自分の仕事をbestに回すため。


    潤滑油をイメージすると分かりやすいかも。それは周りをスムーズに動かす役割を持つもの。油が不十分であれば本来の働きが出来ずに、ほうっておけば支障がでる。また障害があれば、油自体の動きも悪くなってしまう。

    障害をなくし、スムーズに流れ、周囲に本来の働きをもたらす為には
    コミュニケーション力が不可欠。それが信頼のネットワークを確立する。


    行き着くところはやはり、コミュニケーション。
    あらゆるところで目にするようになったコミュニケーションという言葉。本書では「相手を本気でわかろうとする」「骨身を砕いて自分の意志を伝えようとする」ことが必要だと強調しています。


    フリーランスとして働くことが自由なのではない。
    彼らだって社会全体で見れば、誰かの協力を必要としているし、一人で仕事が出来るわけではない。形としての自由ではなく、本質的な社会人としての自由を手にするために必要なことは何なのか。新社会人だけでなく、現社会人の人も今の自分の立場に置き換えて読むことで不足しているものが見つかると思います。

  • 山田ズーニーさんの著書は、とても本質的で、学ぶべき部分が多いと感じる。
    聞く力は要約力。ひとつ前、ひとつ先を意識する。おわびは相手を主役にする。企画書の主語はひとにする。事実、考察、意見の流れを大切にする。反応したところが増える。仕事理解、社会理解、自己理解、目標設定など。
    書いてみて思うけど、覚え切れません。内容がめっちゃ濃い。また読む。ほかの著作も含めて。
    とにかくいい本でした。

  • わたしは会社員でないので、有用性の点では低いのだけど、

    毎度ながら、ズーニーさんの謙虚さと内省力には度肝を抜かれる。

    こんなふうに真剣勝負で仕事をしていきたい!

    あと、この本は、会社員の友達にプレゼントしよう!

    2013.4.16

  • もう18年も入社してからたったけれど、ためになりました。サラリーマンって自分のことがいかに恵まれているかってこと忘れてしまいます。
    お金を稼ぐことって大変なことです。学生のように正論だけではダメなんです。

全29件中 21 - 29件を表示

著者プロフィール

全国各地で、表現教室のワークショップ、大学講義、講演などを通じ、表現力・考える力・コミュニケーション力の育成に幅広く活躍中。『伝わる・揺さぶる!文章を書く』『おとなの小論文教室。』他著書多数。

「2018年 『理解という名の愛がほしい。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田ズーニーの作品

ツイートする