モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.72
  • (20)
  • (46)
  • (36)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 558
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480430762

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ◆面白かった!絵画の中で象徴的に用いられる66モチーフの意味や用例を示した参考書。カラー図版もふんだんに挿し込まれた贅沢な1冊。西洋絵画だけでなく、東洋のものについても触れられている。さらなる参考文献が紹介されているのもうれしい。できれは、高価でも、文庫でなくもう少し大きめの冊子で読めたら申し分ないんだけど。◆「蝶」「魚」「種」「手紙」「書物」「ヴァニタス」「梯子」が興味深かった。特にオランダ絵画における「手紙」と絵の中の絵「海をゆく船」との関係には物語を感じてうっとり。これは、知らなきゃ損してしまうな。◆後書きを読むと、執筆時、著者がプライベートで大変キツイ想いをしていたことを知る。最後に置かれた、本書の内容を踏まえた俳句が胸を打つ。

  • 美術品にはもともと興味があり、宗教や歴史を少しずつかじってみたものの頭になかなか入らず…。
    でもこの本は実際の美術品を例に挙げながらモチーフごとに解説してくれているため、楽しみながら自然に自分の知識になって行くのが感じられました。何度も繰り返し読みたい一冊です。
    続編が出るといいなぁ。

  • 絵画によく使われるモチーフを簡潔に説明してくれている。
    これ一冊で絵画が今まで以上に楽しめるようになるはず。

  • 2013.8.31読了。以前美術館に行った際、絵画をみても上手だな、すごいなという感想しか浮かばなかった。当然面白くない。美術館巡りをもっと楽しみたいと思い、手に取った。結論を言うと、今まで読まなかったことを後悔。この本は美術館巡りに必携の一冊となった。モチーフや持物を知っているだけで絵に対する目の向け方が変わる。扱っているモチーフは西洋画に関するものが多い。特にキリスト教関係。聖書に関する知識があればより楽しめたかも。もちろんなくても十分楽しめましたが。絵画ってこんなに深い意味があったのか!っていうのが正直な感想。美術館に行っても良さが分からない、誘われてしぶしぶ行ってみたけど何がいいのか分からない、つまらない、眠い、という人におすすめ。モチーフを意識するだけできっと面白くなります。

著者プロフィール

1963年名古屋市生まれ。美術史家、神戸大学大学院人文学研究科准教授。東京大学文学部卒業、同大学院修了。著書に、『カラヴァッジョ――聖性とヴィジョン』(名古屋大学出版会、サントリー学芸賞など授賞)、『カラヴァッジョ(西洋絵画の巨匠11)』『フェルメールの光とラ・トゥールの焔――「闇」の西洋絵画史』『モディリアーニ モンパルナスの伝説』(以上、小学館)、『食べる西洋美術史』『ウォーホルの芸術』(以上、光文社新書)、『カラヴァッジョへの旅』(角川選書)など多数。

宮下規久朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする