日本幻想文学大全II 幻視の系譜 (ちくま文庫)

制作 : 東 雅夫 
  • 筑摩書房
3.88
  • (3)
  • (9)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 127
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (606ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480431127

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「幻妖」よりも古典からの引用が格段に少なかったので、その点が物足りなかった。しかしボリュームもあり質の高さはやはり素晴らしいです。個人的に吉村昭「少女架刑」が収録されているのに感激。何度読んでも結末は身のすくむ思いがする。犀星「蜜のあわれ」この人の物を考えたり見たりするときの佇まいを尊敬しているので、その丁寧さや清潔感が滲み出ていて好感が持てる。そして宮沢賢治「ひかりの素足」代表作くらいしか読んでいないので思い違いかもしれないが、この作家に奇妙な怖さをずっと感じていて、今回もそれを感じた。最後に、赤江瀑すてき。

  • 『蜜のあわれ』目当てで購入。
    金魚の女の子のあのおてんばだけど色気があるような喋り方や雰囲気がたまらなく好き。

    他で気に入ったのは『木魂』『Kの昇天』『父を失う話』。
    既読だったけど『猫町』『妙な話』『デンドロカカリヤ』もやっぱり好きだなあ。

  • これは古書店にて探します。
    松風。
    初めて能の現代語版を読む。とても素敵だとは思うのですが、ちょっとまだ自分にはすぐには理解できないので、読み直します。

    密のあはれ。
    すいません、室生犀星なめてました、金沢で文学館みても、ほーん、位ですませちゃってましたすいません。
    まさかこんな、犀川先生と萌絵ちゃん的だったとは。ちょっと映画も見てみようかな。
    そして嗚呼もうおばさまの素敵さよ。

    父を~。
    え、なんちゅう萌えですか。色々とツボでした。他の作品も読んでみよう。

  • 図書館

    室生犀星の『蜜のあわれ』が読みたくて借りる。
    赤子とおじさまの会話がとびきりステキ。

  • 青銅社版幻視のラビリンスの文庫化。追加された短編もあったり半村良の箪笥が削除されたり変動がある。澁澤龍彦の幻妖などこの手のアンソロジーは当たり外れがある中、このシリーズはさすが季刊幻想文学編集長だけある内容になっている。

  • 2013年10月10日、初、並、帯
    2015年5月2日、新潟関屋店BF
    2016年3月11日、松阪BF

  • 夢の中から現れ来る悪霊、現実に入り交じる悪夢、白日に魑魅魍魎跋扈し、路地の裏には異界が広がる。松風の昔から、泉鏡花、谷崎潤一郎など名だたる文豪、現代の巨匠に至るまで、様々な作家の幻想的な作品を集めた珠玉のアンソロジー。お値段以上の値打ちと読み応えを感じる。
    難点は少しだけ厚いのと、読む場所を選ぶという点か。家でじっくり読むのによい。収録作の中では『虚空』と『摩天楼』が印象に残る。

  • 室生犀星の「蜜のあはれ」が青空文庫で作業中の段階だったので
    こちらを購入。
    萩原朔太郎の「猫町」、世阿弥「松風」なども収録されていて
    謎めいてうつくしい世界に大満足。

  • 観阿弥+世阿弥「松風」野上豊一郎編訳
    泉鏡花「化鳥」 ★
    小川未明「牛女」
    萩原朔太郎「猫町」 既読
    谷崎潤一郎「魔術師」 ★
    夢野久作「木魂」
    室生犀星「蜜のあわれ」 既読
    芥川龍之介「妙な話」
    宮澤賢治「ひかりの素足」 既読
    川端康成「片腕」 既読
    梶井基次郎「Kの昇天」 既読
    渡辺温「父を失う話」
    中島敦「文字禍」 ★
    埴谷雄高「虚空」
    吉田健一「百鬼の会」 ★
    島尾敏雄「摩天楼」
    中井英夫「地下街」 既読
    安部公房「デンドロカカリヤ」 ★
    吉村昭「少女架刑」 ★
    赤江瀑「春の寵児」
    倉橋由美子「巨刹」 ★

    お気に入りはいくつかあるが、全部いい!

  • 10/13 読了。

全12件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウンベルト エー...
イスマイル・カダ...
J.K. ユイス...
ガブリエル ガル...
皆川 博子
ホルヘ・ルイス ...
谷崎 潤一郎
ピエール ルメー...
京極 夏彦
有効な右矢印 無効な右矢印

日本幻想文学大全II 幻視の系譜 (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする