「幕末」に殺された女たち (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.40
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480432643

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  幕末維新期には多くの命が失われたが、討幕派・佐幕派問わず犠牲になった男たちの陰に運命を共にした女たちもいた。本書で取り上げられているのは22人の女性だが、特に有名なのは井伊直弼の妾・村山可寿江、新選組隊士の芹沢鴨の妾・梅、会津藩家老の西郷頼母の娘・細布子(たえこ)、会津藩娘子隊・中野竹子あたりだろう。特に天狗党の乱に関する書籍は極端に少ないため、武田耕雲斎の妻・とき子の章の記述は水戸藩の苛烈な内部抗争を詳しく知ることができる。

     それ以外の項も様々な立場の女たちが様々な形で非業の死を遂げた顚末が語られており、その都度違った角度から幕末史を見ることができて興味深い。人物によって史料の多寡の差が激しく章ごとのページ数にはばらつきがあるが、時代の激流に翻弄されて処刑されたり夫の後を追って自刃した女性も多く、悲しくやるせない気持ちになる。

  • 維新志士などの妻、妾、母、娘とか。
    よく知らない人ばかりなので難しかった……。
    結構な人数を詰め込んで書いているので、その女性が関わった人間の紹介が結構な割合を占めていてこういう人もいたんだねという感じの紹介です。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

昭和26年(1951)、東京都生まれ。日本大学芸術学部卒業。新選組を視点にした幕末維新史の研究を在野で続ける。新選組検定運営事務局主催の「新選組検定」(第1回~第5回)の監修を担当。新選組をテーマとした著書に、『新選組謎解き散歩』(新人物文庫)、『新選組謎とき88話』(PHP研究所)、『新選組の新常識』(集英社新書)、『土方歳三日記(上・下)』(ちくま学芸文庫)。共編に『新選組日誌(上・下)』(新人物文庫)などがある。

「2020年 『最新版 新選組検定公式ガイドブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菊地明の作品

ツイートする
×