増補 日本語が亡びるとき: 英語の世紀の中で (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.94
  • (19)
  • (19)
  • (9)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 308
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (460ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480432667

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作家による日本語文化の随想に近い。決して学術的考察ではなく個人的感想に思われる。

  • あらすじが優秀なので記入します。
    日本語は、明治以来の「西洋の衝撃」を通して、豊かな近代文学を生み出してきた。いま、その日本語が大きな岐路に立っている。グローバル化の進展とともに、ますます大きな存在となった<普遍語=英語>の問題を避けて、これからの時代を理解することはできない。われわれ現代人にとって言語とは何か。日本語はどこへいくのか。

  • 文学を中心とした日本語教育に力を入れろという主張。
    文学教育と言語教育は別次元で議論するべきだと思うので、わたしは反対。

  • 「読まれるべき言葉」(文学テキスト)が読み継がれなくなったら国語は亡びる。国語としての日本語を護るには、国語教育において日本近代文学(漱石や鴎外)を読ませなければならない。

    そのためには国語の時間を増やす必要があり、英語の時間を減らす必要がある。「全員バイリンガル化」のごとき英語教育の「充実」をやめる。英語教育は限られたエリートに与えればよく、ただし本物の英語力を育てなければならない。学校は英語を読むことへの入り口を提供すればよい。充実すべきは国語教育であり、日本近代文学を読む時間である、という主張だった。

    それには納得した。ただ、ぼく自身は、国語教育の本来的な使命として、「論理的に考え、伝える技術」の訓練も重視している。いまの文学偏重の国語教育は、それが扱う作品が現代であれ近代であれ、生産的ではないと考えている。

水村美苗の作品

ツイートする