skmt 坂本龍一とは誰か (ちくま文庫)

  • 筑摩書房
3.50
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (387ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480433077

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 情報が古すぎるようだ。10年以上前の単行本の文庫化。

  • 音楽

  • まさに「予見の書」である。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784480433077

  • 1996年から2006年までの、対話、というほどでもない他愛ないおしゃべりを拾い集めたもの。政治、音楽、環境問題、そして時々、生い立ちが語られる。

  • 坂本の日記や覚書と後藤による雑談的インタビューで構成した"skmt"(1999)、"skmt2"(2006)を合本文庫化。坂本のクリエィティブを支える興味のフィールドの移り変わりが浮き彫りになる。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1952年東京生まれ。3歳からピアノを、10歳から作曲を学ぶ。東京芸術大学大学院修士課程修了。1978年『千のナイフ』でソロデビュー。同年、細野晴臣、高橋幸宏と「YMO」を結成、83年に散開。出演し音楽を手がけた映画『戦場のメリークリスマス』(83年)で英国アカデミー賞音楽賞を、『ラストエンペラー』(87年)でアカデミー賞作曲賞、ゴールデングローブ賞最優秀作曲賞、グラミー賞映画・テレビ音楽賞を受賞。2017年3月に8年ぶりのオリジナルアルバム『async』をリリース。11月にはドキュメンタリー映画が公開に。

「2017年 『龍一語彙 二〇一一年 ‐ 二〇一七年』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂本龍一の作品

ツイートする