地球のレッスン (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 98
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480433251

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人間は少しも聖なるものではない、人間は人間。ということばと、リスペクトの詩がとても良かった。

  • たまに開いて確認する自然のレッスンの続編。
    心と魂に向けたレッスン。
    自然のレッスンよりすっと入ってこない部分もあるけど、焦らず血肉にしていきたい。

  • ネイティブ・アメリカンの教えをベースとした母なる地球に生きる者へのレッスン。
    地球、太陽、月、土、岩、動物、植物・・・、人間に限らず、あらゆる存在を人と呼び、正しい目的をもって調和的に貢献する、そうした生き方の輝きを教えてもらった。
    善悪や正邪のあり方を認めながらも、邪悪や穢れを避け、宇宙や自然とともにある生き方や世界観に興味をもった。
    全面的に従うところまでは傾倒できないが、ベースとしての心構えは見習っていきたい。
    16-48

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1949年神奈川県生まれ。79年に北米でネイティブのメディスンマンと出会い、アメリカ先住民の精神復興運動に参加。環太平洋の先住民族の生き方と精神世界を探求するなか、地球のネイティブ・ピープルに伝えられたストーリー・テリングを学び続ける。著書に『アシハヤ』『星の少年』『鷲と少年』『ますらお』(以上、ビイング・ネット・プレス)『パワー・オブ・ストーン』(荒地出版社)など多数がある。

「2006年 『アレクサンダー・テクニーク入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北山耕平の作品

地球のレッスン (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×