星か獣になる季節 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.79
  • (9)
  • (12)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 151
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480435019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • みんな「自分なんかふつう」だと思っていそうなキャラクターばかりなのに、連続殺人なんてイレギュラーなことが起きてしまう青春の鬱屈。鈍色に輝く青春って感じ。

  • 決して読みやすくはない文章が、バランスの取れておらず、感情に押し流され、突き動かされていくような心を描いているようです。世界がまだ閉じたままの青春時代に、選択肢はそれほど現れない。私たちは運良く、大人になれただけなのかもしれません。

  • なかなかよかった。阿部共実の漫画みたいな、ナイーブで危うい青春、といった感じ。
    阿部作品よりもスッキリ感があって、その分余韻は後を引かない感じだが。
    女の子のキャラがよかった。

  • 「わかる!」とはならなかったが、「自分がそれぞれの立場だったらどうだろう」と考えながら読んだ。
    読みやすい。

著者プロフィール

最果タヒ(Tahi Saihate)
1986年、神戸市生まれ。2008年、『グッドモーニング』で中原中也賞を受賞。2015年、『死んでしまう系のぼくらに』で現代詩花椿賞を受賞。詩集に『空が分裂する』『夜空はいつでも最高密度の青色だ』『愛の縫い目はここ』、小説に『星か獣になる季節』『かわいいだけじゃない私たちの、かわいいだけの平凡。』『渦森今日子は宇宙に期待しない。』『少女ABCDEFGHIJKLMN』『十代に共感する奴はみんな噓つき』、エッセイに『きみの言い訳は最高の芸術』、対談集に『ことばの恐竜』がある。最新詩集に、2018年9月刊行の『天国と、とてつもない暇』。

星か獣になる季節 (ちくま文庫)のその他の作品

最果タヒの作品

ツイートする