増補 みんなの家。 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480436559

作品紹介・あらすじ

内田樹邸ができるまでを綴った前著に、8年後の今になって思うことを各章ごとに描きおろし。考え続ける建築家の今を伝える1冊。解説 鷲田清一

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 色々な人から影響を受けた「僕」が色々な人と「みんな」で建てた、「みんな」が集う家の顛末記。

    みんなに幅広く読みやすく、少しでも住宅建築を専門的にかじった人には特段目新しさはない、と思う(専門家ではないのでそう感じるだけ)

    気軽に建築の文章に触れたい人にオススメ。

    くまざわ書店阿倍野店にて購入。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

光嶋裕介 Yusuke Koshima
建築家。1979年、米ニュージャージー州生まれ。8歳で帰国後も、中学時代をトロントとマンチェスターで過ごす。早稲田大学理工学部建築学科卒業。2004年ヨーロッパへ。ドイツ・ベルリンの建築設計事務所で働く。2008年帰国、光嶋裕介建築設計事務所を開設。代表作に内田樹氏の自宅兼道場《凱風館》(神戸、2011年)、《旅人庵》(京都、2015年)、《桃沢野外活動センター》(静岡、2020年)など。著書に『みんなの家。』(ちくま文庫)、『幻想都市風景』(羽鳥書店)、『つくるをひらく』(ミシマ社)など多数。2021年より神戸大学にて特命准教授。

「2022年 『五人の手』 で使われていた紹介文から引用しています。」

光嶋裕介の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×