吸血鬼飼育法 完全版 (ちくま文庫)

著者 :
制作 : 日下三蔵 
  • 筑摩書房
3.20
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (429ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480436924

作品紹介・あらすじ

事件屋稼業、片岡直次郎がどんな無茶苦茶な依頼も解決する結末予測不能の活劇連作。入手困難の原型作品やスピンオフも収録し〈完全版〉として復活。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「入手困難の原型作品やスピンオフも収録し〈完全版〉として復活。」ですって

    筑摩書房 吸血鬼飼育法 完全版 /
    https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480436924/

  • 推理ものではなくスパイもの。都筑道夫は洒脱なイメージがあったが、流石にレトロな感じは否めません。主人公の設定はやや中途半端と思いました。シリーズが短命に終わったのもうなずけます。シリーズ本編の原型になった短編2作が収録されておりマニア向けの資料的な一冊。

  • 一匹狼のトラブルシューター片岡直次郎が活躍する活劇シリーズを集めたもの。片岡直次郎は歌舞伎の題材にもなった江戸時代の実在の悪党と同姓同名で作中でも毎回のように引き合いに出されるが、作品が発表された60年代末とは違い現在ではほとんど忘れ去られた存在であることに時代を感じる。
    内容は軽い感じの犯罪活劇といった感じで、割と出だしから思わぬ方向に話が進みがち。ちょっと主人公の片岡直次郎のキャラクターが薄く感じてしまうのは今読むからだろうか?

  • 六〇年代東宝活劇映画のノリ。よく考えてみれば、都筑氏自身が脚本などで関わっているんだから当然なんだが。異常なまでにドライかつシニカルなスラップスティック・アクション・コメディ。流石に人を選ぶ気はするが、アイデアの乱れ打ちはお見事というしかない。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1929年東京都生まれ。10代より様々な筆名で小説を発表。〈EQMM〉初代編集長。2001年、『推理作家の出来るまで』で第54回日本推理作家協会賞、02年、第6回日本ミステリー文学大賞受賞。03年没。

「2021年 『絶対惨酷博覧会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

都筑道夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
横山 秀夫
劉 慈欣
南陀楼 綾繁
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×