翻訳教室 ――はじめの一歩 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.40
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 189
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480437143

作品紹介・あらすじ

「翻訳をする」とは一体どういう事だろう? 引く手数多の翻訳家とその母校の生徒達によるとっておきの超・入門書。スタートを切りたい全ての人へ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2012年NHKの「ようこそ先輩 課外授業」を元にした本の文庫化。今月発売であとがきでは今のコロナ禍についても言及されてる。楽しい授業の様子や「想像力の壁を越え広げる」言語のかけがえのなさなど、心に響く話がたくさんありとても良かった。

  • ちくまプリマー新書から文庫に格上げ?

    翻訳教室 鴻巣 友季子(著/文) - 筑摩書房 | 版元ドットコム
    https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784480437143

  • ーー訳者というのは、まず読者なのです。翻訳というのは、「深い読書」のことなのです。(p.14)

    「読む」ことのプロ中のプロである翻訳家による本。異なる言語に架橋するための、柔らかで逞しい想像力を育む大切さを教えてくれる。

    偶然、先日、ようやく『the missing piece』の原書を手に入れた。まさか、この本でも取り上げられているとは。柳父章さんや多和田葉子さんの著書にふれた箇所もあり、これまでの自分自身の読書歴に重なるところが多い。また、ネガティヴ・ケイパビリティのような、最近の私の探求キーワードに触れた箇所もあり、この方の翻訳に私が惹かれるのももっともだと思えた。
    鴻巣さんの翻訳には、ずいぶん前からお世話になっている。『嵐が丘』『風と共に去りぬ』から始まり、最近ではマーガレット・アトウッド作品やクッツェー作品まで。もしかしたら本棚にある名前では一二を争う多さかもしれない。
    本書は小学六年生を対象にした翻訳の出前授業を中心にまとめられているが、内容は子ども向けではなく、中高生から大人がターゲット。語り口はやさしいし、読みにくさはないけれど、随所で考えさせられる。娘が英語を始めたら『the missing piece』と一緒に読ませよう。

  • 2012年におこなわれたNHKの番組「課外授業 ようこそ先輩」の授業記録を元にしてちくまプリマー新書で刊行されたものが、ちくま文庫入り(より広い読者を期待して? プリマー新書版を絶やしてしまうのも惜しい気がするが)。
    加筆・修正すこしあり、文庫版あとがきもついた。

    出張授業は身近な電車になりきるという準備運動を経て、シェル・シルヴァスタインの有名な作品「ぼくを探して」の原文を日本語に翻訳するというもの。すでに英語に親しんでいる子もいればほとんどゼロに近い子もいたはずだと思うが、かんたんなゲームでつづりや辞書に親しみ、ポイントを押さえた解説やヒント・挿絵を頼りに、グループごとに協力してそれなりの訳文を仕上げていく姿におどろかされる。そして「翻訳」は決して一部の専門家だけの特殊な仕事ではなく、わたしたちの日常の読書やコミュニケーションの延長線上にあるものなのだな、と気がつく。
    翻訳は深い読書であり批評であり、想像力で壁をこえ他者になりきり自分に還って自分の言葉として人に伝える行為であるということ。能動的に読むことの大切さ(そして楽しさおもしろさ)、個別の言語や文化それぞれのかけがえのなさと他の言語を学ぶ意味、こうしたことを実践を通じて12歳という年齢で学べた子どもたちはしあわせだと思うし、できれば教育課程の中でだれもがこうしたことを学べるようになってほしい。

  • よく読むということ。学校でやる英文和訳と翻訳の違い。言語て楽しいな。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

英語翻訳家、文芸評論家。古典新訳にマーガレット・ミッチェル『風と共に去りぬ』、シャーロット・ブロンテ『嵐が丘』、他訳書に、J・M・クッツェー『恥辱』など多数。著書に『翻訳ってなんだろう?』、共著に『翻訳問答』など。

「2020年 『ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鴻巣友季子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
砥上 裕將
南陀楼 綾繁
辻村 深月
宇佐見りん
カレン・ラッセル
瀬尾まいこ
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

翻訳教室 ――はじめの一歩 (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×