結婚とわたし (ちくま文庫 や-63-1)

著者 :
  • 筑摩書房
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 456
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480439109

作品紹介・あらすじ

結婚するなら腹を割って話せる“親友”みたいな人がいい。結婚の幻想をブチ破る日記エッセイ、後日談150頁増補の完全版。目指せ家庭内男女平等!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 教育大事。ほんとに教育って大事
    いらん教育方針変え(るよう圧力かけ)なくていいから
    今の時代に即した教育をするようになって欲しい

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

山内マリコ(やまうち・まりこ):1980年富山県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒。2008年「女による女のためのR-18文学賞」読者賞を受賞し、12年『ここは退屈迎えに来て』でデビュー。同作と『アズミ・ハルコは行方不明』『あのこは貴族』がこれまでに映画化されている。主な著書に、短編集『さみしくなったら名前を呼んで』『選んだ孤独はよい孤独』、連作短編集『パリ行ったことないの』『一心同体だった』、中編小説『かわいい結婚』、長編小説『メガネと放蕩娘』『すべてのことはメッセージ 小説ユーミン』などがある。『買い物とわたし お伊勢丹より愛をこめて』『山内マリコの美術館はひとりで行く派展』『The Young Women's Handbook ~女の子、どう生きる?~』など、エッセイも多く執筆。

「2024年 『結婚とわたし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山内マリコの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×