新版 自然界における左と右 下 (ちくま学芸文庫)

  • 筑摩書房
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480510174

作品紹介・あらすじ

左右の区別を巡る旅は続く――下巻では、パリティの法則の破れ、反物質、時間の可逆性等が取り上げられ、壮大な宇宙論が展開される。解説 若島正

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 鏡のような身近な話題から、スーパーストリングまで題材は幅広い。
    右回転左回転が傾向が出てくるとは、自然は宇宙は、どこか恣意的だ。それはビッグバン直後から対称性の低下により始まった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1914年アメリカ・オクラホマ生まれ。批評家、数学者、サイエンス・ライター。ルイス・キャロルその人と作品に関する世界有数の専門家。これまで100冊以上の著書を持ち、『サイエンティフィック・アメリカン』誌上では1956~1981年まで25年に渡って人気コラム「数学ゲーム」を連載した。『ゲーテル、エッシャ、バッハ』のダグラス・ホフスタッターからも「20世紀アメリカの生んだ偉大な知性」と評されている。邦訳書に『マーチン・ガードナーの数学ゲーム』(全3巻、日経サイエンス)、『ルイス・キャロル――遊びの宇宙』(白揚社)、『奇妙な論理』(全2巻、ハヤカワ文庫)など多数。

「2019年 『詳注アリス 完全決定版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マーティン・ガードナーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
ジェイムズ・P・...
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×