本質をつかむ聞く力 (ちくまプリマー新書)

著者 :
  • 筑摩書房
3.14
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480683267

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フェイクニュースによる弊害、そう言う考えの人もいるのか、と思わせる効果がある。耳を澄ませて言葉の奥の本質、全体像をつかむ。

  • <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます>
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=337620

  • 読みやすいので、1時間ぐらいで読了。
    ものごとの本質を見極めること。
    耳を澄まして聞くこと。
    そして、自分で考えること。
    そんなに新しいことは書かれていないけど
    大事なこと。
    学生さんにおススメ。

  • タイトルは「聞く力」とあるけれども、コミュニケーションの話ではなく、フェイクニュースに騙されないように気を付ける方法について書いた本のように思った。
    なんか、子どもに語り掛けるような書き方なので、多分対象年齢は中高生ぐらいなんだろうなと思った。ちくまプリマー新書自体がそれぐらいの年齢層をターゲットとしているんだったっけ。
    自分はできるかぎり気を付けてるつもりだけど、ネットを見てみたら結構フェイクニュースに騙されてる人いるからね。嘘だとわかっても、「そう思われるのが悪い」とか言ってる人もいてすごいタチ悪い。
    ただ、この本に書いてあることは、感情を揺さぶらそうになるような例が多いうえに、著者の推測も少なからず入っているので、この本に書いてあることは何も疑わずに本当だと思ってしまう人がでてこないかは気になる。ネットのフェイクニュースなんかに比べると信頼できるだろうけど、あとがきあたりにでも、「この本だって鵜呑みにするのはよくない」なんて書いてあったらよかったんだけど。むしろ最後にほうに「もう「メディアを信じるな」とは言わない」なんて書いてあった。

  • 情報過多な現在において、どうやってメディアと向き合っていけばいいのか?というような本。フェイクニュースのあふれる昨今、本質を見極めるには、みたいな。

    もともとテレビの中の人のようなので、ハッキリとは言わないがネットにはちょっと懐疑的な意見が見え隠れしてるような。とはいえ、絶対的にテレビ寄り、とまではいってない感じ。
    個人的には、今、テレビの方が全然信用ないけど、ネットは自分に都合の良い情報だけを拾ってしまうというのは、確かにその通りだなと思う、
    トランプ大統領や、いろんな戦争、東京MXテレビの「ニュース女子」の件も出てきて、なかなか興味深かった。
    「メディアを使いこなす」という考え方には賛成です。

    あと、余計なお世話だと思うのだけど、これは中学生向けなのかしら?であれば、表紙のデザインを、もう少し取っつきやすいものにしても良いかと。

  • 361.45YA

  • 耳触りのいい言葉、過激な言葉、真偽の程がわからない言葉ほど、わかりやすく単純で、伝播しやすい力を持っている。
    世界はそんなに単純ではなく、多様で、複雑で、過去の積み重ねによって構成されているものだろう。
    ネットに飛び交う情報は、玉石混交。
    根も葉もないデマや、意図的に流されるフェイクニュースに惑わされないように、長年マスコミの最前線で真実の追求に当たってきた著者が、若い人たちに向けて書いた、祈りのような好著。

  • 東2法経図・6F開架 361.45A/Ma73h//K

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1960年山口県生まれ。「筑紫哲也NEWS23」「報道特集」のディレクターなどを経て、「ニュースの森」「NEWS23X」のメインキャスターをつとめる。現在、「週刊報道LIFE」のメインキャスター。

「2015年 『聞く力 話す力 インタビュー術入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松原耕二の作品

ツイートする