女が読む太宰治 (ちくまプリマー新書)

  • 筑摩書房
3.00
  • (1)
  • (11)
  • (25)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 171
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480688125

作品紹介・あらすじ

座右の書、作家道、芸人魂、恥かしがり方、熱狂の冷まし方、愛され方、自己演出法、妻のあり方、読書でイク法、小説の書き方、読者の選び方。たとえ反面教師であれ、ぜんぶ彼が教えてくれた!12人の現代女性が読む新しいダザイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 12名の女性が読み解く太宰治。雨宮処凛が『トカトントン』を脱力系作品と言い、津村記久子が『富嶽百景』を自虐ネタでありながらもほのぼのとした、どんな時代に読まれてもくすくす笑いを誘うと書き、辛酸なめ子が『人間失格』を男向けのモテ本と記してある事からわかる様に、渋面を作り眉間に皺を寄せて論じられない、肩の力を抜いた太宰の作品論。ワタシはどちらかというと太宰の人物に興味があり、太宰の作品は全部読んでない、メジャーどころしか読んでない熱心な読者ではないのだけれども『富嶽百景』と『駆込み訴え』は読み直したくなった。

  • この本は、12人の女性による太宰治考です。
    内容は、太宰LOVEの人や反面教師的、
    作家としての小説道、座右の書など様々です。

    佐藤江梨子、津村記久子、辛酸なめ子の文章は
    他の作家に負けないくらい面白いです。

  • 文学

  • 豪華執筆陣による女目線で読む太宰。実の娘・太田治子さんの文章はやっぱりドスがきいている。格と深みが違う感じです。サトエリの続・グッドバイはあなたなんて大それたことを…と。辛酸なめ子さんの文章がいちばん面白かった。爆笑した。ホスト風葉蔵モテテクニック。平安寿子さんの文章がちょっと気持ち悪い…。30分くらいで読める軽い読み物といった感じです。西加奈子さんも参加されてます。

  • 勉強になりました。

  • 12人の女性たち、芸能人から大学教授まで広い分野の人たちがそれぞれの太宰治観を語る。
    なんだろ、中身はあまりないんだけど、色んな意見があるんだなと楽しく読める本。僕も太宰が好きなんだけれど、男性と女性じゃこんなに違うのね。女性は全体的に、太宰を母性的な目線で見ていて、どうしようもないんだけど仕方ないなぁ、私が優しく見守ってあげる、という感じ。男とは違うんだね。
    と、ここまで書いて思ったんだけど、男は太宰をどう思っているのか。僕とも意見が違ってくるんだろうな。ちょっと気になる。
    だけど、「男が読む太宰治」って本が出ても、絶対中身は下衆な感じになるんだろうなと思い、やっぱ知りたくないなと思いました。

  • 期待していた分すこしうすっぺらい感じがあってショック。
    大好きな西加奈子さんと太田治子さんの文章しか読まなかった。
    いちばん嫌だったのは集英社文庫の一新された表紙のような媚びた挿絵…。

  • 「認識系」「存在系」という切り口は何となくはわかっていたものの、ここまで明確に意識した事はなかった。が、男女間の関係性を考える上においてはかなり重要なファクターであるように思える。たぶん認識系男と存在系女の組み合わせがベストで、逆も男がよしとすれば上手くいくのだろう。存在系同士も互いに無意識な分それなりにうまくいく可能性はあるように思うが、認識系同士ってのはダメだろうなって気がする。

  • 読書好きを公言しているものの、まだ太宰治の作品はしっかりと読んだことのない私。
    いつかは読みたいなと思っているのだけど、まだ読んでいない理由としては、あまりに有名すぎるのと、多くある作品のどれから読んだらいいか分からないから。
    なので、ガイドブックのようなこの本を読んでみました。
    そしてこの本が道標になってくれたのかというと…よく分かりません(笑)

    太宰治という人の作品を、それぞれの著者が自分のフィルター越しに感じ、それをまた別の作品に作り上げているのですから、当たり前と言えば当たり前なのですが。

    ただ、太宰治作品にさらに興味が湧いたことは間違いありません。
    この本に載っている作品を読んで、またこの本を読んだらきっと印象が変わるんだと思います。いつかの再読を楽しみにしたい1冊。

  • プリマーなので紙が分厚く、あっという間に読み終わる。
    作家と作品を結びつけないで読みたい、というナオコーラに面白さを覚える。
    あと、太宰が常に羞恥心をもちながら書いていた、とする西には共感する。じぶんなんかと思いつつそうでもないと感じていて、そんなぐちゃぐちゃしたじぶんなんかが嫌で安定しているような他人を羨むとか自分そっくり。
    いやんなる。
    自意識のかたまり!!!!
    愛すべき自分と共に生きたいのになぁ。

全34件中 1 - 10件を表示

佐藤江梨子の作品

女が読む太宰治 (ちくまプリマー新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする