漢字の歴史: 古くて新しい文字の話 (ちくまプリマー新書)

著者 :
  • 筑摩書房
3.89
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480689221

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 母国語を理解するためには他の言語に精通して比較せねばならない。こと日本語に限っては、漢字の源泉である中国語を学習するべきだと痛感。まだまだわからないことがたくさん

  • 【コメント】
    ざっと読んでみて、なんだかとっ散らかった印象。
    だけど、日本とそれ以外の国々との違いが垣間見れた
    のは面白かった。

    *** 他国との漢字の関りの違いなど…
    日本では伝来した漢字は庶民のものとなっていった
    (遭難した漁民が漂着した他国で筆談していたエピ
    ソードなど)が、中国を含む他国では支配階級のもの
    だった。
    中国では、古い書物は焚書されたり割と大切に扱わ
    れなかったりと紙の書物など散逸しているものが多い
    が、本書を読んだ印象では日本ではそれと比べると
    古いものが大切にされ残っているようだ。
    新しい漢字を造字するとき、日本では会意で行う傾向
    があるのに対し中国では形成で行う傾向があるという。

    *** 巡り巡って
    漢字は本来、漢文を表現するためのものだったけど、
    日本は外来の漢字に工夫や改良をこらして自分の国
    の言葉を表現するようにした。表意文字から仮名
    などの表音文字や国字を作ったりして自分のものに
    していった。そして巡り巡って日本発の漢字(熟語
    など)が海外でも使われている。

    *** 日本って
    現在では、漢字かなカナに加えて英字も使われて
    おり更に多様化している。それぞれに同じコトバ
    を綴ってもニュアンスの違いがあったりする。
    (※最近は顔文字なんてものもある。これを文章
    に添えることでニュアンスも違ってくるね。)
    日本人にはきっとその表現に拘る感性をもっている
    のだろう。何かの事情があって、漢字を捨てて英字
    を公用にしたり、他の表音文字を公用にする国など
    との違いも興味深い。

    これらは、他国との比較から日本という国に住まう
    人々の一端(日本人が何を大切にしているのか)が
    垣間見れたようで面白かった。

    【内容】
    漢字の歴史について、
    世界の言語体系の中での漢字の位置付けや、
    漢字の字体(甲骨、金文、篆書、隷書…)の変遷、
    漢字文化圏(国々)の漢字の利用され様(発展や衰退
    の様子)など紹介されている。

  • 漢字について少し細かめにザッと浚った感じ(どっちやねん)。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1965年、東京生まれ。早稲田大学大学院教授。早稲田大学文学研究科博士後期課程単位取得。博士(文学)。日本漢字学会理事、日本語学会評議員。文化審議会の常用漢字、法務省の人名用漢字・戸籍統一文字、経済産業省のJIS漢字などの策定・改正に携わる。『日本語の研究』『新明解国語辞典』『現代の国語』『日本語学』の編集委員、NHK放送用語委員なども務める。著書に『日本の漢字』(岩波新書)、『訓読みのはなし』『方言漢字』(ともに角川ソフィア文庫)、『漢字の歴史』(ちくまプリマー新書)、『謎の漢字』(中公新書)、『漢字ハカセ、研究者になる』(岩波ジュニア新書)などがあり、『国字の位相と展開』(三省堂)で第35回金田一京助博士記念賞、第11回立命館白川静記念東洋文字文化賞を受賞。

「2022年 『漢字はコワくない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

笹原宏之の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×