科学は未来をひらく: 〈中学生からの大学講義〉3 (ちくまプリマ―新書)

  • 筑摩書房
3.73
  • (5)
  • (10)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 201
感想 : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480689337

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • そうそうたる大人による執筆。
    コンセプトは、中学生向けに大学並みに深いことを伝える、というものだろう。
    第3巻は、「科学」がテーマ。本当に題名通りなのか、はやや疑問。「どうひらく」と言えるのか。科学に対する懐疑もところどころに見られるが、基本は礼賛

    読中
    以下、ポイント。
    村上陽一郎 科学の二つの顔・・・科学に参加すべし
    ・science =知識
    ・アイザック・ニュートン=哲学者
    ・ヒューエル=サイエンティストという語
    ・イスト=狭い概念=汚い言葉、イアン=広い概念
    ・哲学者=神の御業の確認から科学者=好奇心の追求へ(一つ目の顔)
    ・科学者共同体=学会
    ・エポニム=仲間内からのご褒美
    ・行政や産業が科学の力を利用(二つ目の顔)
    ・原理的+実際的懐疑=科学に関する意思決定に関わる

    中村桂子 私の中にある38億年の歴史ー生命論的世界観で考える
    ・機械論的世界観 対 生命論的世界観
    ・共存共栄 イチジクとハチ・・・「キープラント」の研究
    ・アゲハチョウと食性
    ・「生きものの上陸」:ひれ=手、エラ=あご
    ・機械と火から生命と水へ
    ・人間は自然の一部である

    佐藤勝彦 宇宙はどのように生まれたかー現代物理学が迫るその誕生の謎
    ・時間も空間も歪んでいる
    ・エネルギー(つまり物質)と時間と空間は三位一体で一緒に変化する
    ・元素は4%に過ぎない。ダークマター

    高薮縁 宇宙から観る熱帯の雨 ー 衛星観測がひもとくもの
    ・雨粒は雲粒の100万倍

    西成活裕 社会の役に立つ数理科学
    ・フラクタルとセルオートマトン
    ・思考体力と多段思考

    長谷川真理子 ヒトはなぜヒトになったか
    ・つかむための足から走るための足へ。
    ・平原進出に立ちはだかる困難

    藤田紘一郎 「共生の意味論」きれい社会の落とし穴 アトピーからガンまで
    ・サナダムシ
    ・1965年以前。アレルギー性疾患のなかった頃の日本
    ・自然治癒力

    福岡伸一 生命を考えるキーワード それは“動的平衡“
    ・新しくなる私と変わらない私
    ・ジグソーパズル
    ・DNAはカタログブック
    ・エントロピーの法則に追いつかれた時に死ぬ

  • これがすべて同じ中学での講演会をもとに作られているとしたらなんと贅沢なことか。子どもたちはそれを分かっているのだろうか。3年間で10人くらいの先生の話が聞けるのだろうか。それとも、中3だけなら、2、3人だけだろうか。いずれにしても、うらやましい。私にとって初めての話は高薮先生のもので、気象の変動が地球1周続いているなんていう話は感動もの。西成先生の数学の話などは中学生には全く縁のないもので、興味を覚えた生徒はのめり込んでいくかもしれない。福岡先生の話で、同じ人だと思っていても、実は半年もすれば物質としてのヒトはすっかり変わってしまっているなんていう話もビックリだろう。でもやっぱり一番強烈なのは、藤田先生のキャラクター。ダジャレの連発。確かに笑いは免疫機能を高めるのかもしれないけれど、中学生への受け具合はいかほどであったのだろうか。まあでも、生き方を考え直さないといけない。赤ワイン飲もうっと。

  • 科学を勉強することの意味を科学者たちが教えてくれる本。

    いろいろと考えさせられることが多い。

  • 面白い

  • 請求記号 404/Mu 43

  • 2016.11.04 ちくまプリマ―新書のサイトを見て
    2018.06.29 くまざわ書店品川店で再発見する。
    2018.08.05 予約

  • 色々な分野の研究者が自分の研究分野をわかりやすく、科学の魅力を説いています。それが正しいのか、自分にあってるかどうかは置いておいても、文系だから理系だから他のことは関係ないとか思わずに是非読んでほしい一冊。
    数学って実際なんの役に立つかとか、自分の中の細胞のこととか、この講義を実際受けられた子供たちが羨ましい。無駄かもしれないけれど無駄にならないかもしれない。知るということはどんどん知らないことが増えていく、でもそれが面白くて楽しいと思わせてくれるような一冊。
    ちょうど対象年齢になる、親友のお子さんにこれ贈りたいな。他のシリーズ本も読んでみたい。
    時間切れで読めなかった2つの話もいつか読みたいです。

  • 全二作より、少し専門的だったからか、やや難しかったー。

    先日別に読んだ西成活裕さんの渋滞学が、更に分かりよくなっていたので良かった。
    柱を置けば渋滞解消になるということを聞くだけではにわかに信じられなかったのだが。

    「私のなかにある〜」では、最後の「虫愛づる姫君」への及び方に感動。
    生きることの本質が毛虫であることを的確に捉えていた姫君。なるほど、そういう読み方も出来るんだなあと思う。

    ラストは「共生の意味論」。
    サナダムシをお腹に飼っているくだりは、正直衝撃だけど、生きることをひらくって、案外こういう所からなのかもしれない。すごい。

  • いま第一線で活躍されている、私の感覚としては「発信」ができるタイプの学者の方々の中学生を対象にする熱いメッセージ。
    研究者の研究対象に対する気持ちがすごく伝わってくる。

  • 文明の発達だけでなく自然や生体も意識しよう、
    西洋医学(文明)を否定し本来の人間(自然)を取り戻そう、
    といった意見が中心。
    全体としては悪くないが、一部極端な人(内容に矛盾あり)がいる。気になる人のところだけを読めばよい。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1936年東京生まれ。科学史家、科学哲学者。東京大学教養学部卒業、同大学大学院人文科学研究科博士課程修了。東京大学教養学部教授、同先端科学技術研究センター長、国際基督教大学教養学部教授、東洋英和女学院大学学長などを歴任。東京大学名誉教授、国際基督教大学名誉教授。『ペスト大流行』『コロナ後の世界を生きる』(ともに岩波新書)、『科学の現代を問う』(講談社現代新書)、『あらためて教養とは』(新潮文庫)、『人間にとって科学とは何か』(新潮選書)、『死ねない時代の哲学』(文春新書)など著書多数。

「2022年 『「専門家」とは誰か』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村上陽一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×