揺らぐ世界 :〈中学生からの大学講義〉4 (ちくまプリマ―新書)

  • 筑摩書房
3.93
  • (8)
  • (11)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 163
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480689344

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 資料番号 : 00016948
    請求記号 : 002||CHU
    配架場所 : 文庫/新書コーナー
    NCID : BB18460238

  •  学術と中高生が交流できる機会が乏しい日本で、このような取り組みや本がもっと増えてくれるといいなーと純粋に思いました。イギリスでは大学教授が街中で一般人に向けてブースをつくって教えるという機会があると耳にしました。特に学生は良質な研究成果や質の高い問いを与えられることで知的好奇心が高まっていきます。大学教授は誰にでも分かりやすい教えようと思うと、それなりに知識を整理して色々と頑張る。お互いに知識やスキルが高まっていく、社会全体も高まっていきますね。
     この本は中学生からの大学講義というテーマになっていますが、大人が読んでももちろん勉強になります。これから大学を目指す子どもたちは「どこの大学に行けば就職に有利か」が目的ではなくて「大学で何を学びたいのか、学ぶのか」を目的にして大学を選んで欲しいと思います。大学教授はその分野のプロフェッショナルだということを知っていれば、学ぶ質や学ぼうとする熱意、学ぶ量が変わってきます。それを感じる大学教授はより頑張ります。
    良き本に出会いました。ちくまプリマー新書さんは立派な出版社です。

  • 妻が買って持っていた本を借りて読む。
    大変素晴らしい。
    特に、森達也さんの章が良かったです。
    また、藤原帰一さんの若者に向けた言葉が、鋭く厳しいのも印象的。
    彼らに真剣に対応しているのだということがよく分かる。

  • 世界は広い
    知ることは大切だ

  • 高校生?に向けての大学教授による講話をまとめたもの。
    娘の宿題の参考になるかなと買ってきたものの、受験とかもあり、読んでもらえずお蔵入りしてたので、読んでみた。

    思ってた以上によい講義なのと、それぞれの先生からの読書案内があり、これもまた良し。

    ぜひとも高校受験が終わってから、読んでほしいと思う。

    ちなみに、大人も視野が広がると思う。

  • ☆☆☆☆
    桐光学院でおこなわれた中学生にむけた講義を編集したもの。
    自分が中学生だった頃に、このような講義を聴けたらなぁと思いながら読ませていただきました。
    中学生むけに書かれているので、表現は平易に感じますが、内容は深く、聴いている中学生が将来に見つめていく課題として良い内容でした。

    彼ら中学生の心に刻む印象に残る知識を与えるようにと、7名の知識人・専門家がその分野のことを限られた時間でまとめています。

    私は、中学生ではないのですが、
    岡真里さんの『“ナクバ”から60年』に書かれていたパレスチナ人視点のイスラエル問題は、同じモノを全く違った角度で映し出していました。今までは、ユダヤ人の立場、イギリスを含む欧米列強の被害者という立場で見ていたので、イスラエル目線のものが多かったことを知り、情報量の不均衡と同時に、自らの思い込みと知ることの意識的な遮断が働いていたことも感じました。

    そして、森達也さんの【世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい】の文章からは、

    〜〜不安な恐怖を抱いたとき、人は集団になって敵を探したくなります。そして「正義のため」、「仲間のため」という大義名分を与えられたとき、人は人を何千何万人でも殺すことができる。なぜなら悪意ではないから。悪意には摩擦が働き、後ろめたさを残す。でも、正義や善意には摩擦が働かず、後ろめたさがないから、人を暴走させるのです。〜〜
    という言葉が印象的でした。

    川田順造さんの 人類学者としての視点
    「『発展途上国』という言葉への疑問」の部分がものごとを見つめる視点と、流布している感性への疑問をもつことの大切さを感じました。

    伊豫谷登士翁さんの『グローバリゼーション』という言葉の解釈は、やはり新鮮なものてす。
    もっともっと、その概念を広く深く捉えて、自分なりの概念として形成したいと思いました、

    いずれの方の講義も、聴いているか中学生の将来に向けて、視界を広げてゆくことを進める言葉で、各氏の講義の最後に紹介されている読書案内が、彼らが世界を知ることの手掛かりになることを期待した本であろうと思う。
    2017/01/18

  • 友人からのすすめで。

    分かりやすく、しかし考えるべきテーマの集積であり、今後読んでみたい本が紹介されていて実によい本だった。

  • 三冊目が科学からの視点であったのに対して、四冊目は社会からの視点。
    戦争、宗教、グローバリズム。
    当たり前に考えていることが当たり前ではないところにストンと落ちると、怖くなる。

    フクシマ、原爆、オウム事件。
    日本の中でも、私にとっても一つのきっかけとなった大きな出来事。
    チェルノブイリ、アウシュビッツ、ジハード。
    世界に目を向けても、そこに在るものをしっかりと痛感させられる。

    どう読むか。どう受け止めるか。
    ハードな一冊だと思う。

  • 私には,読後にニュースや世界の様子が違って見えてくるタイプの本でした。
    西欧的?豊かさを考える時,識字率や1日の生活費をドル換算し比較することは多いですが,文字を持たない言語文化に生きる人々の豊かさに気付かされました。

  • 20150828 今をどう生きるか?そのための考え方、や視点について各人がそれぞれの立場で解説してくれている。高校生以上、中年まで大丈夫ではないだろうか。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

立花隆

一九四〇(昭和十五)年、長崎県生まれ。六四年、東京大学仏文科を卒業後、文藝春秋に入社、『週刊文春』の記者となる。六六年に退社し、東京大学哲学科に学士入学。その後、ジャーナリストとして活躍する。八三年、「徹底した取材と卓抜した分析力により、幅広いニュージャーナリズムを確立した」として、菊池寛賞受賞。九八年、司馬遼太郎賞受賞。『思考の技術』『文明の逆説』『田中角栄研究 全記録』『日本共産党の研究』(講談社ノンフィクション賞)『農協』『青春漂流』『脳死』『サル学の現在』『ぼくはこんな本を読んできた』『人体再生』『思索紀行』『天皇と東大』『自分史の書き方』『武満徹・音楽創造への旅』(吉田秀和賞)『知の旅は終わらない』ほか著書多数。

「2020年 『宇宙からの帰還 新版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

立花隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アーノルドベネッ...
リンダ グラット...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

揺らぐ世界 :〈中学生からの大学講義〉4 (ちくまプリマ―新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×