井伏鱒二全集〈第1巻〉

著者 :
  • 筑摩書房
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (617ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480703316

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 井伏鱒二って結構現代的な文体なんだねえ。
    僕にとって「教科書の人」だったので、もっといかめしい感じの文体の人かと思っていた。

    ストーリーは起伏が無く少々退屈。でも権威主義の僕は低評価を付ける勇気がない。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

本名・満寿二。一八九八年(明治三十一)、広島県に生まれる。早稲田大学、日本美術学校を中退。一九二九年(昭和四)、「山椒魚」「屋根の上のサワン」で文壇に認められる。三八年(昭和十三)、「ジョン万次郎漂流記」により直木賞を受賞。「鯉」「さざなみ軍記」「多甚古村」「丹下氏邸」「本日休診」(読売文学賞)「遙拝隊長」「集金旅行」「漂民宇三郎」(芸術院賞)「武州鉢形城」「黒い雨」(野間文芸賞)などの小説の他、詩集や随筆・紀行も数多い。六六年(昭和四十一)、文化勲章受章。九三年(平成五)没。

「2018年 『七つの街道』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井伏鱒二の作品

ツイートする
×