とりつくしま (単行本)

著者 :
  • 筑摩書房
3.50
  • (46)
  • (76)
  • (139)
  • (19)
  • (4)
本棚登録 : 493
レビュー : 139
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480804075

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 切ない

  • 死んだ人は一度だけ、モノに憑りつくことができる。
    この世に未練がある人たちのために、とりつくしま係が願いを叶えてくれる短編集。

    20ページほどの短いお話が10編と、番外編が収録されている。
    掘り下げれば重く深くなりそうなテーマだが、ページ数が少ないので、かなりあっさりと書かれており、個人的には物足りない印象。
    妻の日記をとりつくしまにした夫の話、『日記』が一番きれいで切なかった。
    動くことも喋ることもできない状態で蘇るのは、はたして幸福なのか否か。
    ずっと見ているって、とてもつらいことなんじゃないかと思う。

    <収録作品>
    ロージン/トリケラトプス/青いの/白檀/名前/ささやき/日記/マッサージ/くちびる/レンズ/番外編 びわの樹の下の娘

  • 死んだあと心残りがあったら、命のない物に取り付けます。そんな死後のルールは初めてですが、さてこのシステムは必要だろうか?自分の死後の世界を、ずっと見続けるのは辛い気がします。また残された者も、視られていることを知ったら少し気おくれしてしまう。そういう意味で、あっさりと失われやすいものに取り付いた「ロージン」や「くちびる」は潔く美しく感じました。釈然としない死後のシステムに少々悶々と読んでいましたが、「マッサージ」のラストには泣かされました。私はずっと残る物にはなりたくないな。

  • 面白かったです。亡くなった人が、いろいろなものにとりついて感じた様々なものがたり。ふわふわと幸せなものから、ぴりっと切なくなるものまで。補聴器のお話がダークだったな…。とりついたものを、大切にする人と、すぐに手放してしまう人の違いもシビアでした。でも、大切な人が近くにいてくれるってなんだかいいな。

  • ☆☆☆☆☆
    短編集。
    自分の希望するモノにとりつくことを許された死者の物語。
    母は息子が使っているロージンバッグに、妻は夫が愛用するマグカップに、子供は公園のジャングルジムに・・・。
    切なさで胸が締め付けられるような作品が多くとても印象的だった。なお、冒頭の☆は評価欄の星だけでは足りないと思ったので、追加分として。

  • 私だったら何になるんだろう。久々に泣きながら読んだ。

  • この世に思いを残して死んだ人が、何かモノにとりつくことができるという話。
    生きているものはダメで(すでに魂があるから)あくまでも『モノ』に限るので、息子がピッチャーの試合で使用するロージンバッグになる母親や、家族が使用してくれるであろう自分が最後に購入したマッサージチェアになる父親、ずっと恋い焦がれていた人が夏だけに使用する白檀の香りの扇子になる女性など、とりつくものはさまざま。
    どの話も切なく、悲しい中にも少し救いが見えるような話だったけど、どの話も短すぎると言うか…。この短さが絶妙なのかもしれないけど、もう少し一つ一つを掘り下げて長くしてシリーズ化するくらいが良かったのでは?…みたいな余計なお世話(笑)

  • 読んでいるうちに、ホントにあり得そうな気がしてくる。
    悲しいけれど優しい話。
    とりついても、永遠ではない方がいいのかもしれない。

  • あらすじに惹かれて!
    「とりつく係」じゃなく「とりつくしま係」なのも、なんかいい。
    最初のと白檀がお気に入り。

    ただ、正直もっと泣けるかな、感動するかな、切なくなるかなと思ったのが感想です。
    短すぎたのか、感情が乗る前に終わってしまった話が多い印象。

  • 「とりつく」というととても怖いもののように感じるが…
    あの世へ行くと「とりつくしま係」が説明と段取りをしてくれる、という所がユーモアだ。
    しかし、そうは言っても、様々な思いを残して亡くなった人たち…
    そんな形でもう一度「この世」に戻してあげるのは却って残酷なのではないだろうか…
    などと思いながら読み始めた。

    「とりつく」魂は、年齢も性別もさまざま。
    考えた末に、やはり大切だった人の近くにいられるものにとりつく。
    その気持ちは変わらないが…
    すっきり思いを果たすものもいれば、切ない話もあり、ちょっと残酷な寂しさや…
    なんと、ほのぼのするものまであった。
    こわい話は一つだけだった。
    東さんのやさしい気持がわかる本だった。


    ロージン/トリケラトプス/青いの/白檀/名前/ささやき/日記/マッサージ/くちびる/レンズ/(番外編)びわの樹の下の娘/

全139件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

1963年、広島生まれ。歌人、小説家。絵本や童話、イラストレーションも手がける。歌壇、角川短歌賞選考委員。東京新聞歌壇選者。「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞、『いとも森の家』で第31回坪田譲治文学賞を受賞。歌集に『十階』、小説に『水銀灯が消えるまで』『とりつくしま』『さようなら窓』、エッセイ集に『短歌の不思議』、穂村弘との共著『回転ドアは、順番に』『しびれる短歌』がある。

「2019年 『春原さんのリコーダー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

とりつくしま (単行本)のその他の作品

東直子の作品

ツイートする