とりつくしま (単行本)

著者 :
  • 筑摩書房
3.50
  • (46)
  • (76)
  • (139)
  • (19)
  • (4)
本棚登録 : 493
レビュー : 139
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480804075

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東直子さんは、読友さんから教えてもらい、テレビで一度だけ拝見した。この本が初読。老若男女問わず、何かしらの原因で死んでしまった人たちが、自分の魂を現世の想い人の身近にあるモノにとりつくという10作と番外編の短編集。ほっこりし、爽快で清々しさもあるんだけど、哀愁も漂う文章と物語が、大人しめで優しい雰囲気の東直子さんらしい書き方だと感じた。また、読みやすく、無駄のない纏まった文章も良かった。ロージン、日記が特に好き。自分ならどうだろう。自分の死後、家族や親しかった人たちを身近に感じ、眺めていたいだろうか。

  • 短編集。とりつくしま係の案内で、無機物(魂の無いもの)にとりついた人々のお話。

  • 思わず自分なら死後何にとりつくか考えてしまう。とりつくって、おどろおどろしい感じがするが、さらっと爽やかに描いていて、読みやすい。

  • 人の死後、天上には「とりつくしま」係がいて、現世に未練を残す者には、何か(無生物に限る)に“とりついて”もいいですよ、つまり、モノになって現世に戻ることができますよ、と教えてくれる・・・?


    東直子さんらしい、可愛いようなコワいような、という連作短編集。

    ざわざわしている。まわりがよく見えない。でも、まわりにたくさんいる。なにかいる。とても、いる。

    という出だしで始まる死後の世界は、無数の「人だったもの」がうごめきながらひしめいている・・・らしい。

    みんな光りながら、なにかを語っている。

    と言われると、真っ白な空間に形のないものが、ひっそりざわざわ(変だけど)している映像が浮かんできて、うん、上手いなぁ、と。

    で、あなたは死んでしまったけれど、指定のモノにとりつくことができます、と言う「とりつくしま」係。そもそも、とりつく、と、とりつくしま とは全然別物の言葉じゃないかと思うのだけど、その微妙なリンクを楽しんでください、ってことなんでしょうね。

    リビングのマッサージ機になるお父さん、書道の師匠の扇子になる女性、ジャングルジムになる幼児、憧れの先輩の彼女のリップクリームになる女子中学生・・・。
    心を残した人々に再び会える嬉しさと、モノゆえに動けない&コミュニケーションできない悲しさがさらっと描かれ、でも、それぞれ、死んでしまった人たちの慰めになっているお話でした。

    この“とりつき”は期間限定なのだろうか、ただ見ているだけでは段々辛さが増すだけではないのだろうか、と、心配性の私は気になって仕方なかったのだけど、そこにはあまり深くは触れず、うん、よかったね、と思えればいいんですね。

  • 1日で読めてしまった。
    亡くなった人が、希望の「物」にとりつけるというお話。
    私だったら何にとりつこうかと楽しく考えてしまった。
    これが、本当なら死後の世界も悪くない。

  • 人っていいなぁと思えました。

    例え有限であっても、話せなくても、そばにいたい。

    切なくてでもちょっとだけしあわせな気持ちになれる。

    図書館で借りて読んだのですが、文庫を購入しようかなと思います。

    素敵な本でした。

  • 装丁のイメージとぴったりくるような儚い短編ものでした。死ののち思いを残している者が「とりつくしま」にとりつき、思うもの身近に残る...”草葉の陰”ってやつです。死後の世界をこんな形で描いてくれたら残された者の気持ちが救われます...なかでも「日記」にはグッときました。

  • 2011 10/29

  • 事故などにより人生を断たれた人達が、希望の物にとりつき、生前の身近な人の姿を見る短編集。死と生という重いテーマに見えるが、どこかユーモラスで悲壮な感じはしない。

  • ふわふわした物語たち。
    短編集で、当然なんだけど良いのと良くないのがあって。
    感動させようとしてるのか、そうだとしたら弱すぎるし、
    全体的にぼんやりしてる印象だった。
    読んだそばから忘れちゃうような。
    不快じゃないけど、読んでも読まなくてもいいや。

全139件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

1963年、広島生まれ。歌人、小説家。絵本や童話、イラストレーションも手がける。歌壇、角川短歌賞選考委員。東京新聞歌壇選者。「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞、『いとも森の家』で第31回坪田譲治文学賞を受賞。歌集に『十階』、小説に『水銀灯が消えるまで』『とりつくしま』『さようなら窓』、エッセイ集に『短歌の不思議』、穂村弘との共著『回転ドアは、順番に』『しびれる短歌』がある。

「2019年 『春原さんのリコーダー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

とりつくしま (単行本)のその他の作品

東直子の作品

ツイートする