とりつくしま (単行本)

著者 :
  • 筑摩書房
3.50
  • (46)
  • (76)
  • (138)
  • (19)
  • (4)
本棚登録 : 493
レビュー : 139
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480804075

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ショートストーリー
    それぞれにある「思い残した事」それをとりつくしま係がとりつくしまに取り憑かせてくれる事で見届ける。
    スッパリこの世と離れるのもいいが、こんな微かな繋がりでもこの世に残る事で慰められるものいいかなと全編通して思った。

  • とりつくしま

  • この世に心残りがある死者の前に現れる"とりつくしま係"。
    この"とりつくしま係"と契約すると、この世にあるモノを1つ選んでとりつくことができるのです。
    本書は死後に何かのモノにとりついた10人の物語を収めた短編集です。

    歌人としても活躍されている東さんの小説は初めて読みました。
    1つ1つは短いのに、1編読み終えるごとに2時間ドラマを1本観たかのような、鮮やかな印象を残します。
    遺された人々を見守る視点で進む物語は、温かい中に絶妙な淋しさや切なさが効いてくる読後感。
    個人的には「白檀」「名前」「マッサージ」「レンズ」が好みでした。

    もし自分だったら何にとりつくだろう…。
    遺した家族をずっと見守っていたいような、新たな生活を送っている姿を見届けられたら去りたいような…。

  • 図書館で借りたもの。
    死んで心残りがある人は、この世の何かを「とりつくしま」にできる。妻は夫のマグカップに、母は息子のロージンに。切なくてちょっぴり苦い、不思議な10の物語。

    一編が短くさらっと読めた。
    「ロージン」「日記」は泣けた。家族が絡むとすぐ泣けるわ…。
    私だったら何をとりつくしまにするかなぁと考えてみた。
    家族のことが気になるけど、あんまり盗み見みたいなことはしたくなくて…。
    靴箱がいいかな。プライベートな所は見れないけど、ほぼ毎日顔を見ることができるし。そう簡単にはなくならないし。
    臭いが心配だけど(笑)

  • 2018.09.30 読了
    とても良い本だった。だけど、読むとリアルに辛くなるようなお話もあったので、たぶん読み返したりはしないと思う。そんな理由で★2つ。

  • 【収録作品】ロージン/トリケラトプス/青いの/白檀/名前/ささやき/日記/マッサージ/くちびる/レンズ/番外篇 びわの樹の下の娘
     見るだけで関われないというのはきつい気がする。

  • 死んでしまってから思いを残す人のそばにいたいと思ったら
    命の無いものにだけとりつける。
    そういう短編集。

    とりつくことがいいことなのかどうかよくわからないけれど、
    「ロージン」の未練を残さないとりつき方がよかったかな。

    「青いの」なんてちょっと悲しすぎる。


    新年早々、あんまり前向きでない話を読んでしまった。
    大丈夫か、私。

  • 切ない

  • 死んだ人は一度だけ、モノに憑りつくことができる。
    この世に未練がある人たちのために、とりつくしま係が願いを叶えてくれる短編集。

    20ページほどの短いお話が10編と、番外編が収録されている。
    掘り下げれば重く深くなりそうなテーマだが、ページ数が少ないので、かなりあっさりと書かれており、個人的には物足りない印象。
    妻の日記をとりつくしまにした夫の話、『日記』が一番きれいで切なかった。
    動くことも喋ることもできない状態で蘇るのは、はたして幸福なのか否か。
    ずっと見ているって、とてもつらいことなんじゃないかと思う。

    <収録作品>
    ロージン/トリケラトプス/青いの/白檀/名前/ささやき/日記/マッサージ/くちびる/レンズ/番外編 びわの樹の下の娘

  • 死んだあと心残りがあったら、命のない物に取り付けます。そんな死後のルールは初めてですが、さてこのシステムは必要だろうか?自分の死後の世界を、ずっと見続けるのは辛い気がします。また残された者も、視られていることを知ったら少し気おくれしてしまう。そういう意味で、あっさりと失われやすいものに取り付いた「ロージン」や「くちびる」は潔く美しく感じました。釈然としない死後のシステムに少々悶々と読んでいましたが、「マッサージ」のラストには泣かされました。私はずっと残る物にはなりたくないな。

全139件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年、広島生まれ。歌人、小説家。絵本や童話、イラストレーションも手がける。歌壇、角川短歌賞選考委員。東京新聞歌壇選者。「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞、『いとも森の家』で第31回坪田譲治文学賞を受賞。歌集に『十階』、小説に『水銀灯が消えるまで』『とりつくしま』『さようなら窓』、エッセイ集に『短歌の不思議』、穂村弘との共著『回転ドアは、順番に』『しびれる短歌』がある。

「2019年 『春原さんのリコーダー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

とりつくしま (単行本)のその他の作品

東直子の作品

とりつくしま (単行本)を本棚に登録しているひと

ツイートする