テーブルの上のファーブル

  • 筑摩書房
3.69
  • (59)
  • (64)
  • (123)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 514
レビュー : 53
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784480816344

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ああもう、ずるいよ、とつぶやいて本を閉じる。また開く。やっぱりずるい。


    お二人の本は、隙があるのに緻密です。
    読む人に想像と妄想の余地を許しながら、しかしものすごぉく計算してある。でもそれが嫌味ったらしくなく、肩肘張らない。
    これはすごい。

    「ふふふ、これ面白いわよね」
    「ああ、いいねえ、これはどう?」

    そんなお二人が見えるよう。
    それが、とても、うらやましい。
    短歌や俳句に「お、いいな」と思える人は是非読んでみていただきたい一冊。
    この短さの中のこの完成度は、気持ちいいです。

  • 話の終わりが用意されている小説をずっと読み続けていると、こういう風に断片がたくさん集まり気がつくと世界が構築されている本というのは途中で不安になる。
    不安になるけれど、読み終わって振り返ると不安になった自分をちょっと可笑しく感じて、安心してもう一周してみようかな、と思える。

  •  
    『すべては机上の空論から、すなわちテーブルの上から始まってゆきます。
    空に昼月、机上に昼酒。酔いがまわったら、昼寝もまたよし。
    雑誌のようで、絵本のようで、雑誌でも絵本でもない。あたらしい本のスタイル。』

  • 2007.9.8読了。<br>
    クラフト・エヴィング商会の作品は個性的で何度読んでも面白いな、と思います。今回のは初読みだったのですけど、また読み返したくなりますね。<br>
    でもって、タイトルも遊び心満載です!<br>

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「タイトルも遊び心満載です!」
      この懲り方が、センスの良さを充分判らせて呉れる。変だけどお洒落って、こう言うコトなんだと納得してしまいます。
      「タイトルも遊び心満載です!」
      この懲り方が、センスの良さを充分判らせて呉れる。変だけどお洒落って、こう言うコトなんだと納得してしまいます。
      2013/01/25
  • 本作り実況中継な対談が面白い。ほんっと巧いなぁ。大好きだ。

  • 定食のような本
    本作りって楽しそう

  • 13年も前の本。
    あの物語もこの物語も、夜から昼への転換後に描かれたのか。
    集大成というよりは、索引かな。

  • おもしろい。その一言に尽きる。
    空間の使い方がステキなんだよなぁ。

  • CE商會夫婦の会話から、気付くといつの間にか色々な人の文章に。別の本を作るためのメモ的な本にも思える。クリーム地や写真の上にダークグリーンやスモーキーピンクの文字とか、グレー地に濃いグレーの文字はデザイン的にはおしゃれだが、どんなに目を凝らしても光によっては判読が難しく、読み難いことこの上ない。さらに字も小さい上に細い明朝体だから、こんなに読みにくい本は他にないと思ったほど。書いてあることは感覚的に面白いが、他の作品に比べてまとまりに欠ける。中身の感想というより、とにかく物理的に読みにくい本。

  • 面白い視点。

全53件中 1 - 10件を表示

クラフト・エヴィング商會の作品

テーブルの上のファーブルを本棚に登録しているひと

ツイートする