「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最前線を5日間で探検する (単行本)

著者 :
  • 筑摩書房
3.96
  • (72)
  • (66)
  • (34)
  • (14)
  • (6)
本棚登録 : 714
レビュー : 85
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480816795

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 以前からなんとなく気付いていたが、人文科学や社会科学、いわゆる文系学問は瀕死の状態にある。

    法学や哲学が最先端のイケてる学問だったのは遥か昔の話。心理学で有名なフロイトや、ハーマンのトラウマ理論は何の根拠もないデタラメということで決着済みだ。

    経済学が前提にしている常に経済的に合理的な人など存在せず、もはや科学とは言えない。

    じゃあ文系学問はどうすれば良いのか?

    実は、これらの分野では、遺伝学や進化心理学、複雑系、行動経済学といった分野で、知のパラダイスシフトが起こっている。

    だったら、古いロジックで構築されている学問は捨てて、新しいロジックを学べば良いのではないかって話。

  • 橘玲『「読まなくてもいい本」読書案内』(筑摩書房、2015)

    進化論の発展から各学問分野にビッグバンが起こり、枠組みが変化していることを示した橘流サイエンスガイド。
    パラダイム転換以後の考え方を知り、「それ以前」の本を「とりあえず」読書対象から外してしまおう(パラダイム認識ができたのちに読む)という提案です。

    もともとリバタリアンを自称し進化心理学によるヒトの性質に注目していた著者だけに、大いに説得力があります。

    目次では複雑系、進化論、ゲーム理論、脳科学、功利主義の5項目が示されますが、実はこれらは「進化」の考え方を基礎にしつつ、相互に関連・発展してきたものだと。

    ここに挙げられた新しい「知」
    そして、旧来の学問の「死」

    進化生物学が意識の謎を解き明かしたことから、哲学の役割は終わる。

    人はなぜ老いるのか → 思春期に生殖能力を最大化するため
    病気はなぜあるのか → ウイルスと免疫との"軍拡競争
    神はなぜいるのか  → 脳のシミュレーション機能の自然への拡張

    【本文より】
    ◯日本ではあいかわらず「文系」「理系」の二分法が使われていて、進化論は理系の世界の話だと思われているが、進化論はいま、社会学や経済学、心理学といった「文系」の分野にも拡張され、社会科学を根底から組み替えようとしている。(p.60)

    ◯1970年代になると、生き物の生態がゲーム理論で読み解けることがわかってきた。知能も感情もない生き物は進化論的に合理的な”機械”なのだから、「効用=自己の遺伝子の複製」を最大化する戦略をせっせと実行しているだけだ。(p.144)

    ◯ゲーム理論が超強力なのは、(生き物を含む)この世界がゲームの集合体だからだ。植物も、動物も、そして人間も、与えられた条件や環境の下で、自らの能力を最大限に使って利得(遺伝子の複製だったり、子孫の数だったり、お金の量だったり、幸福だったりする)を最大化しようとさまざまなゲームを行っている。(p.160)

    ◯ひとはものごころついたときから死ぬ瞬間まで、意識があるかぎり、「if... then...」の思考をひたすら繰り返している。仏陀はこの終わりのないシミュレーションを「煩悩」と呼び、修業によって「if... then...」の回路を遮断し、とらわれのないこころの静けさに至ることを目指した。(p.224)

  • 1年間に出版される本は8万冊を超える。
    そして、世界に存在する本は1億3000万冊。
    100万年かけても追いつかないし、その間にまた莫大な数の本が出版される。

    ならば、読むべき本でなく読まなくてもいい本を決めればいいじゃないか。

    まず、20世紀半ばからの「知のビックバン」の原動力となった、複雑系、進化論、ゲーム理論、脳科学、功利主義に注目。
    これらの「知のパラダイム転換」で、「知の見取図」を手に入れて、読むべき本を決めていこうと著者は呼びかける。

    世界を覆う問題群へ必要なことは、「新しい世界」のビジョンを受け入れた上で、進化するテクノロジーとどのように共生していけばいいのかを示す「新しい哲学」「生命倫理」ではないか? との著者の主張に大きく共感。

    「日本の社会で『リベラル(自由主義者)』と呼ばれているひとたちは、大学の教員にしても、マスメディアの正社員にしても、自分たちの組織が弱者を差別していることには知らない顔をして、『国家権力』なるもの(安倍政権とか)とたたかう振りをしてカッコつけているだけだ。フーコーが教えてくれたように、ひとはエラくなるほど自らの内なる権力から目を背け、外に敵をつくって偽善を隠蔽しようとする」(あとがきより)

    知の最前線に触れる感動と、目の前の問題解決能力を鍛える入門書。

  • とても読みやすいです。哲学とか心理学とかは嘘臭いと感じるものも多いです。でもそれをデタラメだ!というためにはかなり勉強しないといけない。それをやってくれてる感じです。

  • p.58で一旦返却再度借りるべし

  • 投資・経済・社会時評に関する著作を多数てがける著者による、「読まない」読書案内。といっても、読まなくていい本をいちいち挙げているわけではない。
    20世紀半ばからの半世紀で"知のビッグバン"とも呼べる大きな変化が起きた。その原動力になっているのが、複雑系、進化論、ゲーム理論、脳科学などの爆発的な進歩である。そこで、「ビッグバン以後」の書物を選んで読み、その分野の全体像を把握してから、古典(「ビッグバン以前」の書物)を含めて興味のある分野を読み進めていけばいい――。
    このように著者は主張し、上記の学問分野でどんな進歩が見られたのか、歴史や理論を解説してくれる。章末には各分野で押さえておくべき書物を紹介してくれる。(このリストのおかげで結果的には「読むべき本」がまたしても増えてしまったわけだが……。)
    氏の著作は『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』シリーズしか読んだことがなかったため、この著者はてっきり経済・金融・投資の専門家なのかと勘違いしていたけれど、本書を読んで非常に幅広い分野に造詣が深いことを知った。そんな深く広い知識を――若者向けに書いているからだろうか――軽妙な語り口で、ときには毒舌や暴論とさえ思えるような言葉を用いてばっさりと斬り捨てているのが痛快。
    ただ、根本的な前提部分で個人的に同意できかねることがあったり、興味のない学問分野も含まれていたりしたため、適当に読み飛ばさざるをえなかった。逆に興味が湧いたのは、ゲーム理論。著者を信じてブックガイドに挙げられている推薦図書を読んでみようと思う。

  • google unlimitedで無料だったのと、橘さんの本に興味があったので読んだ。

    ちょっとタイトルは読書術で想像していたのと180度違った内容だったのだが、良かった。
    テーマは、「知の最前線」ということで最近注目されている思考のパラダイム転換的なことについて述べてある。

    - 複雑系
    - 進化論(現代の進化論)
    - ゲーム理論
    - 脳科学
    - 功利主義

    特に「複雑系」の話しが自分の中ではホットトピックだ。

    また、脳科学の中で述べられていた「意思」の部位の前に
    生体では意思内容のための(筋肉など)準備が始まっているという事実

    という話が面白かった。そうならば、意思とはなんだろう。
    無意識分野が自分の思っているよりもっと大きいものであることを感じた。
    (同時に非言語領域の大きさも感じた。)

    何より、情報量がぎゅっと多いw
    何度か読んだり、参考文献を読めばまた理解が深まる気がする。

  • 様々な知の分野をつないで行き、最後には全てが連結する。 知のスモールワールドとも言えるネットワークのような全体像を浮かび上がらせる。この本はまさに多様なカテゴリのハブとなる一冊である。
     古い哲学を一蹴するのは大胆で少し焦るが、異なるカテゴリを並べ配置してくれたおかげで、専門的な領域に分化せず、偏りのない概観を得ることもできたし、各分野に興味が湧いた。
     ここにあるオススメ本をたどっていると、だんだん無知だった自分が恥ずかしくなってくる。

    既出のレビューにある通り、読まなくていい本をひたすら並べるわけでも、読まなくていい理由をじっくり説くわけでもないので、やや誤解を生むタイトルではある。
    しかし、これから広い知識に歩みだそうという若者にとっては、結局同じ需要を満たすことになるから、そんなに問題は起きない気もするが。
    私にとっては、これを読まないといつまでも知れなかったろう内容が多く、本当に助かった。ここに載っている内容だけが最重要な知の世界とは限らないと思うし、誤解しないようにしたいが、ここに出てくる知識はザックリとでも記憶必須な知の分野な気がしている。

  • 20世紀後半に、進化論、脳科学、ゲーム理論、複雑系、功利主義について起こったパラダイムシフトを紹介した本。それぞれ紹介された本よりも、著者の理解をまず読むことで今のところは充分。

  • 情報は整理されてはじめて咀嚼できる。
    専門書では読み解くのが難解な内容を、分かりやすく伝えてくれている。

  • Amazonのレビューが良く出来ていたのでパクる。
    ここ20〜30年ほどの社会科学におけるベストセラ―のダイジェスト

    ポストモダンを代表する思想家、ドゥルーズとガタリの難解な「リゾーム」は、超天才数学者、マンデルブロが発見した「フラクタル」が生み出す「複雑系のスモールワールド」という概念でスッキリと説明できる。よって、D-Gの本は読まなくてもいいです。という具合に、進化論の概念を塗り替えたドーキンスの『利己的な遺伝子』、国際政治学や経済学の一分野を築いたゲーム理論(ノイマン、モルゲンシュテルン、ナッシュ)が前提とする「合理的経済人」モデルに挑戦したカーネマンらの行動ゲーム理論、自由意思など存在しないことを解明してデカルトやフッサールが取り組んだ「こころ」や「意識」の問題そのものを否定しまった脳科学、正義のジレンマや功利主義の限界をテクノロジカルに乗り越えるマーケットデザインやアーキテクチャによる統治など、最新の「知」のパラダイムがこれまで主流だったものの見方をそれこそ地動説がそうだったくらいの勢いで書き変えていきつつあるということを非常にわかりやすく解説した本。

  • 日報の書評より。面白そう。
    本のタイトルよりサブタイトルのほうが、中身を素直に表している。

  • あまりにも良質な情報が豊富でこの本を読んで益々読みたい本が増えてしまった。以前なら知の殿堂と言えば、立花隆さんだったと思うが、今なら橘玲さんかなと思ってしまう!

  • “科学や技術は進歩するけど、ひとは進歩しないのだ、ぜんぜん。”

    人間は「進化」してきたが
    それは「進歩」とは違う

    私たちはこれほどのテクノロジーを得てなお

    ・迷信にはまり込み
    ・差別と偏見に満ち
    ・対立を繰り返す

    過去の積み重ねを
    超克することで「進歩」していく
    科学や技術とは
    根本的に異なっている。

    そんな私たちが
    「少しでもマシな」世界を
    つくるためには
    頭を冷やして、
    自分や社会を
    多面的に見られるように
    なる必要がある。

    善悪二元論の
    わかりやすい物語に
    遭遇したときは、
    少し足を止めてみよう。

  • つまりは古いパラダイムで書かれた本はいくら読んでもベターワールド(より良い世界)には繋がらないということらしい。筆者は進化論や経済学、ゲーム理論に功利主義などを説明しながらそのパラダイムとは何かを論じる。まぁ、確かに大きな知の地図を作ってそれに沿って読書をしていくのは効率がいいのかもしれないが(少なくとも本屋の本を片っ端から読むより),そんなものを作り終えた段階で読書より次のステップに進めそうな気がしなくもないが・・・

  • 着眼点は好きだし、読むべき書物の諸々も、なるほど的を射たチョイスだと思う。各ジャンルにつき系統立てて読み込んで、その結果、最新の知見からして必要最低限の書物に絞り込まれているのが十分に理解出来るし。あとの問題は、ここで取り上げられている諸問題に関して、自分の関心をどこまで持っていけるか、っていうこと。個人的には、本書で結構お腹いっぱいになってしまい、”次はじゃあ是非この本を!”みたいな感じになれんかった。残念。

  • 橘氏のベストセラーである「言ってはいけない」と似たような内容。特に本の書評がメインではない。

  • 本の本

  • 「寿命を考えると、死ぬまで頑張っても、世界中の0.02%の本しか読めない。だったら、『読むべき本』より『読まなくていい本』の基準を教えたほうが役立つでしょ、教えるよ」という本。

    「今の文系学問の多くが、複雑系や脳科学をはじめとした科学のパラダイムシフトによって、とっくに時代遅れになっている」という誰もが”何となく認識してる、だけど実態はきちんと把握していない”ことを、詳らかにしていく。

    この手の本には「古典をバカにするなんてけしからん」という批判が飛ぶけれど、そこへの再批判も、きちんと橘氏は用意している。
    現実が変わったことを知った状態で過去を振り返る人間と、現実の変化を知らずただただ難しい言葉遣いを読む悦に浸る人間と。現実を変えれるのは、前者である、と明言するのだ。

    タイトル「読まなくてもいい本」という尖った橘節が、逆に読者の幅を決めてしまっているのがモッタイナイ。

  • 大学入りたて位の人が読むべき本でした

  • 人文系の人が読むべき最近の目ぼしいトピックを紹介したサーベイ本。読むべきトピックの一つに功利主義があったので気になって読んでみたが、なぜ最終的に功利主義が正義論として優れているとされているのかが一読した限りではわからなかった。テクノロジー(設計主義)と相性がよいからだろうか。
    進化論のところはおもしろかったが、脳科学のところはまとまりがなかった。人文系の学生は生き残るためにこういうトピックを学ぶべきだ(それよりも古いものには価値はない)という話だが、たしかにポストモダンには価値はあまりないだろうと思うが、これだけだと薄っぺらい人間になるので、ミルとかデカルトとかプラトンとかアリストテレスとかマルクスアウレリウスその他には価値があるので読んでほしいと思う。というか、日本には読む価値のある古典はないのか。

  • 複雑系、進化論、ゲーム理論、脳科学の爆発的な進歩。これらは従来の学問の秩序を組み替えるだけでなく、何千年と続いた学問分野を消し去るインパクトをもつ。
    著者はさまざまな知のパラダイム転換を語ったのち、それらがひとつにつながることをマッピングしてみせる。その地図の基盤となるのは「進化論」である。

  •  このタイトルは、ちょっとひねりすぎ。「こんな本は読む価値がない!」と、名著の数々をバッサバッサ斬り捨てる内容を想像するだろうが、そうではない。
     副題の「知の最前線を5日間で探検する」のほうが、内容の的確な要約になっている。複雑系科学・進化論・ゲーム理論・脳科学・功利主義の5分野の概要と最前線を、手際よく紹介した概説書なのである。

     それがなぜ『「読まなくてもいい本」の読書案内』になるかというと、“複雑系科学などの長足の進歩による「知のビッグバン」が起きたあとでは、それ以前の古いパラダイムで書かれた本は読むに値しない”との主張が根幹になっているから。

     著者は科学者ではないから、進化論・脳科学・複雑系についての記述は、ありていに言って既成の科学書や論文の受け売りである。
     ただ、この著者は受け売りの仕方が抜群にうまく、受け売りであることを読者に意識させない。いわば、“洗練された受け売りのプロ”なのである。ホメているように聞こえないだろうが、100%の讃辞として“受け売りの達人”と呼びたい。

     全盛期の立花隆は、科学の最前線を手際よく読者に伝える優秀な「科学啓蒙家」であった。その役割を、本書によって同じタチバナ姓の著者(ちなみに、立花隆の本名は橘隆志)が受け継いだと言えそうだ。

     私は当初、本書を図書館で借りて読み、半分ほど読んだところで「これは手元に置いて何度も読み返したい」と思い、Amazonに注文した。
     「知の最前線」の的確な概説として、優れた内容だ。難しいことをわかりやすく説明する知的咀嚼力において、著者の力量は池上彰に匹敵する。

     ただ、「知のパラダイム」によって、哲学などの古典的教養がすべて陳腐化したかのように著者が言うのは、やや勇み足。古典的教養は、科学の進歩によって無価値になるほど薄っぺらいものではないはずだ。
     そのへん、大前研一の「古典的教養無用論」に通ずる底の浅さを感じてしまった。

  • 最近流行っていたので、読みました。知らないことが多くて面白かったです。

    1章の著者の学生時代に文系学生の間で崇められた難解なポストモダン思想書が、専門外のデタラメの科学用語を使い、あらゆる体系を相対化しようとして自然科学に喧嘩を売り、ソーカル事件などで返り討ちにあったという話から、これらは読むのはコスパが悪い、とバッサリ捨てようとしてるところがちょっと私怨を感じて、好みでした。

    2章以降の話は、人文社会科学系批判としては、あまり当たらないような気がします。学部レベルの経済の教科書でも、ゲーム理論や行動経済学の成果についてけっこう言及してるし、既存の体系と全く違うものというよりは、体系の拡大みたいな気がするので。

    哲学は詳しくないですが、意識の問題以外にも色々と哲学がカバーする領域はあるし、脳科学の成果があるからと言って哲学がいらない、というのも乱暴な気がします。

  • 人生の限られた時間でどの本を読むべきか。
    毎日1冊読んでも発行されてる本の0.02%にしかならないんだから、読まなくていい本をまず決めよう。その基準は「知のパラダイム転換」の前後で区切ること。
    5つのジャンルについて紹介されていますが、ある程度知識がないと難しいです。
    関心がなかったジャンルをかじれるのと、それぞれおすすめ本を紹介しているので、気になったものを読んでみようと思います。

  • 読まなくてもいい本だが、つい読みたくなるような本を選別して、エッセンスをわかりやすく説明している。

  • これは最高傑作の一つ。何度も繰り返して読みたい

  • タイトルから想像していた内容とは違いましたが、「知の最前線」に、触れることができたという点で、非常に興味深いものでした。

    著者はできる限り、平易に噛み砕いて記述してくれているのだろうけど、なかなか高度でした。

    今の人文系の大学で教えられている学問のほとんどが時代遅れであり、「法と経済学」が世界の主流になっているということは、心に留めておこうと思います。

    ビットコインもちらっと出てきていて、2年以上も前の内容とは思えなかったのですが、実際にはより発展しているのでしょう。

    著者の最新作にはこれからも注目していきたいです。

  • 思ってた内容と違った。タイトルは適切?

  • レビュー省略

全85件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

作家。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部の大ベストセラーに。著書に『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』『橘玲の中国私論』 (以上ダイヤモンド社)など多数。『言ってはいけない ~残酷すぎる真実』(新潮新書)が50万部超のベストセラーに。

「2019年 『1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橘玲の作品

「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最前線を5日間で探検する (単行本)を本棚に登録しているひと

ツイートする