草原に落ちる影

制作 : Karen Blixen  桝田 啓介 
  • 筑摩書房
3.63
  • (0)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480831750

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カーレン・ブリクセン(=イサク・ディーネセン)の最後の作品。

    といっても、もともとは「アフリカの日々」のために書いたが、そこにおさめられなかった3つのエピソード「ファラー」「王様の手紙」「大いなる仕草」に新たに「山のこだま」を書きおろして、4つの作品をもって、多分、意図的に自分の最後の作品集としたもの。

    という前提でよむと、もともとの3作品も含め、なんだかとても深い物思いに誘う雰囲気だな。

    帯には、「心温まる好短編集」とあるが、ブリクセンにとって、アフリカでの生活が「実人生」で、そこからヨーロッパに帰って、40才後半から小説家になったのは余生みたいなもので、そういう事情も含めて、人生の最後に自分の「実人生」を振り返る惜別の気持ちなのが迫ってくる。

    もちろん、作品の質は、ほんとうに素晴らしい完成度を誇り、メロドラマには全くならない。

    久しぶりに「アフリカの日々」を読み直してみようかな〜。

  • 【選書者コメント】ディーネセンの名でも知られる、デンマークの国民的作家ブリクセンの最後の作品。『アフリカの日々』の舞台となったコーヒー農場の人々を思い出しながら浮かび上がる珠玉のエッセイ。
    【請求記号】9400:523

  • アフリカの生活が興味深い。
    白人女性の筆者の経験を元にしているので、現地の人々とは暮らしぶりが違うが、アフリカの人々やその習慣は驚くことばかり。

  • ブリクセンの人となりがわかるような気がした。
    貴族階級の女性のたくましさも意外で面白い。
    発見がたくさんあった。
    植民地時代のケニア、ソマリア人、マサイ人の描写も興味深い。

全4件中 1 - 4件を表示

カーレン・ブリクセンの作品

ツイートする