恐怖の都・ロンドン

  • 筑摩書房
3.45
  • (1)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480856678

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ロンドンで起きた凄惨な事件の数々や、下町に生きる“普通の人々”の日常、不可思議なできごとたちを紹介。
    原著は旅行ガイドとして発刊されたようで、歴史的要素に加えて名物案内の趣向が強い。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「旅行ガイドとして発刊」
      う~ん、、、お線香でもあげに行くのか?(と、言いながら、面白そうなので読んでみようかな)。
      昔立ち読みしただけ...
      「旅行ガイドとして発刊」
      う~ん、、、お線香でもあげに行くのか?(と、言いながら、面白そうなので読んでみようかな)。
      昔立ち読みしただけですが、「ワールド・ミステリー・ツアー13 ロンドン篇」(同朋舎)も同趣向かな、、、
      2014/04/16
    • 虹風 憂璃さん
      今手元に本がないので記憶がおぼろげなのですが、筆者の兄弟が旅行会社をやっていてロンドンの怪奇事件を巡るツアーのガイドブックとして作ったのが好...
      今手元に本がないので記憶がおぼろげなのですが、筆者の兄弟が旅行会社をやっていてロンドンの怪奇事件を巡るツアーのガイドブックとして作ったのが好評で、発売に至ったとか。
      ロンドンに行ったとき、同じ会社のではないですが切り裂きジャックの現場を歩いて巡るツアーに参加しましたが、参加者30~40人ほどで大盛況でした。
      2014/04/16
  • ロンドンの闇の歴史についての本。幽霊、殺人、事件に拷問何でもあり。面白かった。
    観光案内本でもある。闇の歴史を覗きたい人へ。
    犯罪やら人々の狂気やら、恐ろしいことにはかわりないけれどなんか知りたいし覗きたくなってしまう。
    ロンドン行きの飛行機の中でこっそり読んだら洒落ているかも。

  • 犯罪、貧困、幽霊……ロンドンの「闇」を案内してくれるガイドブック。ロンドンの旅行会社が企画したバスツアーのパンフレットととして作られたものが、豊富な図版も合わせて日本語訳。目で見ても楽しい。
    切り裂きジャックだけではない、ロンドン犯罪史上に残るバラエティ豊かな犯罪者の列挙が、下世話だけど興味津々で読んでしまう。

  • 073

全4件中 1 - 4件を表示

スティーブ・ジョーンズの作品

ツイートする
×