オクトーバー : 物語ロシア革命 (単行本)

制作 : 松本 剛史 
  • 筑摩書房
3.60
  • (3)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 72
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (442ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480858108

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [private]ロシア革命に対する知識が足りないのもあるのかよく飲み込めなかった。
    ロシア革命についてちょっと勉強して読み返したら違うのだろうか?[/private]

  • 叙述中心で心情の描写が少なくてあまり面白くなかった。これ「物語」なのかなぁ。ただ「小説フランス革命」を直前に読んでおいたおかげで、革命政府の動きというのは何となく勘所は押さえられていたかもしれなくて、あちらの本はそれはたいそう人間描写が多かったものだから、それを自分なりに反映させながら読み進めました。
    1917年のロシア革命はまず2月の帝政からセオリー通りのブルジョワ政権への移行、それから10月の社会主義国家へと2段階を経ています。最も遅れていた国が、8カ月で最先端の政治形態へと一気に行ってしまったわけですが、それはやはりレーニンというとんでもない人間と、その思想を受け入れざるをえなかった社会背景がありました。よく調べていませんが、ブルジョワジーはほんの一部で、大半の国民が農奴で、貧しさや飢え、不満が充満していた。そしてブルジョワの支配が帝政とそんなに変わらないというのはフランス革命がもう128年も前のことだからヨーロッパは十分わかっており、次の政治の形態を試すのにほどよく未開だったロシアはで起きたというのも何となくわかるのです。
    レーニンは非常にキャラが立っており、2月革命をスイスで聞くや、ドイツを抜けて北欧を介して戻ってくる劇的さ。そのあとまた追われる身になり、変装して隠れる。そして再び戻ってくるときの鮮やかさ。いつも現状に怒っていて、過激で、筆が立つ。ただ彼が本当に人民を救いたいのかどうか、その政治信条がわからない。単に新しい国家の形を試してみたいだけなのかもしれない。かなり相当魅力的な人物、今度は彼の物語を読みたい。

  • ロシア革命を詳細につづったノンフィクションノベル。名前がたくさん出てきて覚えられないし、翻訳もすごく読みづらい。だが長年続いた帝政を覆した、労働者や兵士や農民の怒りによる革命であることがよくわかった。社会主義者たちが、まずブルジョア革命を経てからでないと社会主義革命は成らないと信じていたことは知らなかった。二月革命も七月の争乱の時もレーニンは国外にいたことも初めて知った。同じボリシェビキでも右から左まで様々な考えの人がいて、その中で最も過激に主張し続けたレーニンが勝利をつかんだ事実はすごく興味深い。激しく対立しながらも社会主義政府樹立のために戦ってきた人々の多くが、後にスターリンによって粛清されたことを思うと打ちのめされる思い。大学の授業をもう一回受けなおしたいなあ。

  • 2月革命から10月革命に至る、0人、トロツキー6を中心とする激烈な革命の物語。

    レーニンは、祖国防衛主義に反対し、革命的祖国敗北主義、を唱える。帝国主義戦争においては、自らの側の敗北を願うと言う、社会主義的主張だ。

  • 岩波新書の『ロシア革命』と同時並行させて読んだ。二月革命から十月革命までひと月ごとに1章ずつ設けていく形式が同じだったので。個人的にはエピローグは感動的でしたが新書のほうだけ読めばいい,と感じました。物語と銘打っているが民衆の動きより左右の対立が前面に出ていてひどくクラシックな印象。「十月が必然的にスターリンにつながったのか?」という本書の核心にあたる問いは,そもそも自分には本質的でないと感じられる。ならお前は何が本質と考える?と言われたら,悩んでしまいますが。考えるきっかけをつくってくれたのはよかった。

    (追記)
    上記の岩波新書のほうの中心的問いは,「なぜ臨時政府は挫折したのか」「なぜボリシェヴィキは勝利したのか」で,こちらのほうがより的確な問題設定だと思います。ただそれがなぜかはうまく言えません。

  • ロシア革命史って小学校の頃に「世界を揺るがした10日間」の児童書版を読んだ記憶はあるけど中身は覚えてなくて、あとはラスプーチン、ニコライ、アナスタシア、レーニン、ケレンスキー、トロッキーくらいまで名前は知ってた。この本の著者ミエヴィルの小説は読んだことある。そんな状態で読んで見たらこれがオモロい。
    後の世から見ると革命は一直線に突き進んだと思いがちやねんけど決してそんなことはなくて、有名無名いろんな人間のいろんな思惑が渦巻いてぶつかって、最終的に今見る形にたどりついたってのがよくわかる。この辺り、歴史家、研究者だけやなくて、作家の顔を持つミエヴィルの筆のなせる技なんかな。

  • amazonで〈あなたへのおすすめ〉で表示され、「おぬし、分かっておるではないか」と思わず購入。
    帯で「その年、世界は赤く染まった」「SF界の奇才が」と強調してたもんだから、てっきりタイムスリップもの的なラノベ?を想定してましたが(笑)、実際の中身は1917年2月〜10月を丹念に追う読みごたえのある力作でした。
    しかしまぁ、今回も帯詐欺(笑) 史実に則ったロシア革命史なら、世界革命までは起こってないから(笑)
    革命から100年後、2017年の世界が赤く染まる図をイメージして、興奮しながら本を開きましたヨ(笑)

  • 借りてきました、、

  • チャイナ・ミエヴィルの描くロシア革命。
    基本的には『物語』と『ロシア革命の概略』の中間に位置していると思う。『物語ロシア革命』とあるので私は物語として読んだが、非常にスリリングな群像劇だった。非常に個人的なことではあるが、『ソ連という実験』『共産主義黒書』などを読んだあとなので、ソビエトという国が迎えた皮肉な結末を実感するところもある。これから読む方、一緒にどうでしょう?w

全12件中 1 - 10件を表示

チャイナ・ミエヴィルの作品

オクトーバー : 物語ロシア革命 (単行本)を本棚に登録しているひと

ツイートする