いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 (単行本)

  • 筑摩書房
4.18
  • (25)
  • (33)
  • (5)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 286
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480860798

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2011年のあの日以来、聞かない日はなくなったような言葉たち。
    「放射線」。おっかないのはわかるのに、“どう怖い”のかはわからないままだった。

    わからないなら調べよう。
    そして困った。
    ネットの上では情報が氾濫しすぎていた。
    素人の私ですら頭を抱えるデマやはったり、ミスリードの嵐。
    これでは情報を分別するだけで労力を消費してしまって、一番肝心な「怖がるために知っておかなければならないこと」が宙ぶらりんのままだ。
    やっぱりこういう時は本だ――とはいっても、書店に並ぶのが必ずしも読み手にとっての“良著”とは限らない。
    トンデモ本でなくとも、こちらの学力のキャパオーバーでは困るし。

    その点、この本は非常にありがたい本でした。
    文系あがりがすっかり忘れていた科学の基礎的なあれこれから、簡易な文でこつこつと、放射線とは何かを説明してくれます。
    放射線が“何故”怖いのか。“どう”“どれくらい”から怖いのか。
    それを知っているかいないかで、リスクの形は変わってくるはず。

    “正しくリスクをとる”。そのために有効な入り口となる本かと。

  • 統計物理学の教授が、ミュージシャンの質問に応じる、対話形式で進む。放射線とは何か、何が害になるのか。様々な数値の意味。詳細にはまり込むことなく簡明に説明している。
    原発についての価値判断はひとまずおいて書かれているので、急進的な原発反対派も、容認派も、推進派も、読んでみたら良いと思う。

  • 毎日流れてくる様々な情報に振り回されていた,2011年の原発事故当時にこの本があったなら,どんなに心強かったことでしょう。知っておきたい放射能の真実を,ミュージシャン小峰公子さんの疑問に物理学者菊池誠さんが答える形で解説。イラストも可愛い!

  • 請求記号 WN9-KIK
    https://opac.iuhw.ac.jp/Otawara/opac/Holding_list?rgtn=1M024745
    RT1年生に読んでもらいたい

  • これまで勉強しようと思ってなかったけど、この本を読んでみて「知る」ことは大事だなと改めて感じた。誤解や思い込みもいっぱいあった。もっと早く読んでおけばよかった。

  • 広島、長崎で被爆した9.4万人と被爆しなかった2.7万人を放射線影響研究所が1950年から追跡調査している

    被曝量が多いほどがんのリスクが大きいし、被爆したときの年齢が若いほうがリスクが大きい

    原爆の被爆調査で、妊娠中に100ミリシーベルト以上の被爆しなければ、リスクは上がらない

    不安って、理屈じゃないところがある

    福島では牛乳の出荷は厳しく規制された

    福島県内での甲状腺の被曝量はチェルノブイリ事故より桁違いに低いことがわかってきて、甲状腺癌は増えないだろうと考えられる

    核実験の時代 昔降った放射性物質

    花崗岩の多い西日本の自然放射線量はもともと高め、東日本は低め

    問題は不安の減り方が、セシウムの減り方ほど速くないということでしょうか

  • 科学道100冊 2019
    【所在】2F開架 
    【請求記号】539.6||KI
    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/opac/book/170757

  • 対談なので、読みにくい。

  • サイエンス

  • 放射線の基礎から、より身近な除染のはなしまで、知りたいポイントを網羅して解説した良書。
    中学までの物理知ってればほぼ理解できる。
    そのぐらい解りやすいので星5とする。

    さらに詳細を知りたい人の為に、他の科学一般書を紹介している点も好感が持てる。

全45件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大阪大学サイバーメディセンター教授。1958年生まれ、青森県出身。東北大学大学院後期博士課程修了、理学博士。専門は物理学。ほかにSFとテルミンとプログレッシブ・ロック。著書に『信じぬ者は救われる』(かもがわ出版刊、香山リカと共著)、訳書に『ニックとグリマング』(ちくま書房刊、P.K.Dick)など。星座はレティクル座(どこにあるのか知らない)、血液型はZ型。座右の銘は「明日できることは今日するな」。

「2009年 『おかしな科学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菊池誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
伊藤 計劃
大野 更紗
最相 葉月
朝井リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 (単行本)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×