鼻のせいかもしれません: 親子で読む鼻と発育の意外な関係 (単行本)

  • 筑摩書房 (2015年6月3日発売)
3.75
  • (2)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (99ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480860811

鼻のせいかもしれません: 親子で読む鼻と発育の意外な関係 (単行本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 鼻のクリニック東京で受診をした際に、冊子に紹介されていて、気になったので読んでみた。
    鼻は酸素を効率よく運ぶための役割をするもの。
    私は子どもの頃は鼻づまりが酷く困っていたが、親に読んでほしい本です。

  • イラスト書いてる人自身が鼻炎で手術を受けるという。

  • 風邪ひくと大抵副鼻腔炎になっちゃうんだけど、最近は鼻うがいで凌いでる。絶対コレ病院行ってみた方がいいじゃん。そして、娘も鼻の悪さはしっかり私に似てそうなので、時期が来たら診てもらおう…

  • 小学生の娘の鼻づまりに悩んでいます。
    著者のクリニックをテレビで知り、早速予約なんと半年待ち。
    治療やクリニックについて調べているうちに、この本のことを知り購入。
    読後もっと早く受診させてあげれば良かったと後悔しました。
    ページ少なく読みやすいですが内容はすごい濃いです。
    子ども鼻づまりに悩んでいる親御さんは、ぜひ一読することをお勧めします。

  • これを読んで、真剣に鼻の手術したいと思う。

  • 冒頭40ページ弱、ヨシタケシンスケの解りやすい絵で鼻炎のしくみが子供向けに解説してあります。

    鼻炎に悩む親子にはもってこいの本です。

  • 10年前に読みたかった。子供の親は読むべし。

全7件中 1 - 7件を表示

黄川田徹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東山 彰良
ヨシタケシンスケ
宮下 奈都
ヨシタケ シンス...
米澤 穂信
辻村 深月
ヨシタケシンスケ
ジョン・クラッセ...
塩田 武士
三浦 しをん
おかべ たかし
有効な右矢印 無効な右矢印

鼻のせいかもしれません: 親子で読む鼻と発育の意外な関係 (単行本)はこんな本です

ツイートする